5つスコアを伸ばして上位に浮上した永野竜太郎(撮影:秋田義和)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップ 3日目◇29日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)> 
 最終組の3人がトリプルボギーを叩くなど波乱のムービングデーとなっている「マイナビABCチャンピオンシップ」。そんな中、1組目からスタートした永野竜太郎がスコアを5つ伸ばし、トータル6アンダー・5位に浮上した。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 まっさらなグリーンでプレーできたこともさることながら、一番の恩恵は天候。「早い時間はそんなに風が無くて。8ホール目くらいまではほとんど気にすることなくできた。ラッキーでしたね」と8番までに3バーディ。コースを渦巻く気まぐれな風が出現する前に流れを掴んだ。
 元々調子は悪くなかった。初日に序盤4ホールでスコアを4つ落としたが、それ以降は終始安定したプレー。「悪かったのは本当にそこだけ。初日もそこから2オーバーまで戻せたし、状態は悪くないですよ」と表情は明るい。
 「何よりノーボギーというのが嬉しかったですね。最後の18番パー5で2オンしたのに3パットしたのは痛かったけど、今日のプレーは明日につながる」。首位とは4打差、まだまだ初優勝のチャンスは残っている。
【3日目の順位】
1位:小林伸太郎(-10)
2位:片山晋呉(-8)
3位:小田孔明(-7)
3位:香妻陣一朗(-7)
5位:井上信(-6)
5位:永野竜太郎(-6)
5位:任成宰(-6)
5位:チョ・ビョンミン(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>