▽29日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第16節の柏レイソルvs大宮アルディージャは、2-1でアウェイの大宮が勝利した。

▽チャンピオンシップ出場の可能性が消滅した今、より高い順位でのフィニッシュが残る目標の年間6位に位置する柏と、同4位の大宮が激突した。

▽試合が動いたのは16分。素早いリスタートから家長が前線に浮き球のパスを前線に送る。ディフェンスラインの裏に抜け出した江坂が受けると、落ち着いてシュートを沈め、大宮が先制する。

▽続く19分にも大宮に決定機。GK中村がドラガン・ムルジャを倒してPKのチャンスを得ると、キッカーの家長が冷静にボールをゴール左に切り込み、大宮が柏を突き放した。

▽2点ビハインドで後半を迎えた柏は66分、右サイド敵陣のCKフラッグ付近から伊東が右足で鋭いクロスを供給。これがニアサイドで対応に入った横谷の身体に当たり、ゴールマウスに吸い込まれた。

▽しかし、大宮が柏にこれ以上の反撃を許さず、2-1で勝利。リーグ3連勝で4位の座をキープした。敗れた柏は、これで2連敗。3戦未勝利となっている。