<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇29日◇シェーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
 中国のシェーシャン・インターナショナルGCで開催されている世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」3日目。トータル13アンダー・単独首位からスタートした松山英樹はスコアを4つ伸ばして、トータル17アンダーに。日本人初のWGC初制覇という快挙達成へ向けて、単独首位で最終日を迎えることとなった。
松山英樹、絶好調のパッティングストロークを動画でチェック!
 初日10バーディ、2日目9バーディと、ここまで2日間のようなバーディラッシュとはならなかったものの、4バーディ・ノーボギーの安定したスコア。2位のラッセル・ノックス(スコットランド)に3打差をつけて、勝負の日に挑む。
【3日目までの順位】
1位:松山英樹(-17)
2位:ラッセル・ノックス(-14)
3位:ダニエル・ベルガー(-13)
4位:ビル・ハース(-12)
4位:フランチェスコ・モリナリ(-12)
6位:ロス・フィッシャー(-10)
6位:リッキー・ファウラー(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼特別インタビュー#3】選手目線で見た良いセッティングとは
出場機会を求めて中国へ PGAツアーチャイナで奮闘続ける日本の20歳
マキロイ、ケプカ、ケーシー…ナイキ勢が揃って“M”を実戦投入