Doctors Me(ドクターズミー)- 薄毛を隠せるオシャレな髪型とは?薄毛を招くNG髪型もチェック!

写真拡大

ジロジロ見られたり、笑いの種にされたりしがちですが、本人にとっては触れてほしくない頭髪の薄毛。薄くなってしまうと増やすのも一苦労だからこそ、深刻な問題にもなってきます。

今回はその薄毛について髪型という側面から迫っていきたいと思います。

要チェック項目


□薄毛を促進する髪型と遅らせる髪型がある
□男性だけでなく女性にも髪型による薄毛への影響はある
□薄毛でもオシャレな髪型は実現可能

薄毛を招くNG髪型

髪型によっては薄毛を促進してしまうものも少なくありません。薄毛は進んでしまってからでは対処法が限られてしまうため、薄毛を促す髪型は意識して避け、頭髪の過度な脱落を防ぐようにしましょう。

極端に長い髪型


長髪は重力によって毛根に無理な負担がかかるため、頭髪の脱落を早めてしまいます。どこかに引っ掛けたりして抜けたり頭皮に力が加わることも、長い目で見れば薄毛を促進しているとされるため注意が必要です。

また、長髪は湿気がこもりやすく頭皮環境の悪化を招くため、薄毛を予防するためには避けた方が無難でしょう。

ポニーテール、おだんごなど強く縛る髪型


どうしても頭皮に一方向の力が加わるため、頭髪が脱落しやすくなります。ゴムなどで縛る際には縛る位置を毎回変える工夫をしたり、家に帰ったらすぐに解くようにしたり、対策を講じておいた方が良いでしょう。

坊主頭


男性的な髪型という印象の坊主頭ですが、紫外線などの外部刺激を直接頭皮に受けることになりますので、発毛や育毛が阻害され薄毛を招いてしまうことがあります。

頭皮まで日焼けしてしまっている人などは特に注意した方が良いでしょう。

パーマを利用した髪型


パーマを当てるという行為は頭皮に大きな負担になります。オシャレと薄毛予防を秤にかけ、薄毛予防が勝るようならパーマはほどほどにしましょう。

また、髪を染める行為も薄毛を招くことは周知の事実ですが、パーマは茶髪などと合わせることが多いのもパーマが問題となる理由です。

薄毛を防ぐOK髪型

髪型で育毛をすることは無理でも薄毛の進行を防いだり遅らせたりできる髪型はあります。オシャレと上手に両立させながら、薄毛を予防していきましょう。

丸刈り


坊主頭よりも少し長い程度に抑えた丸刈りは頭皮の環境を清潔に保ちやすいため薄毛に良いと考えられます。頭髪で適度に紫外線による刺激を防ぎつつ、風通しの良さを実現することができます。

シャンプー、整髪料が洗い流しやすく、頭皮に残りにくいのも利点です。

ボブ、セミロングなどの長過ぎない髪型


当然、丸刈りよりも頭皮環境は良好に保ちにくいですが、オシャレと衛生面を両立できる髪型です。

さらに、副次的な効果として長過ぎず短過ぎずの頭髪は抜け毛の量が少なく見えるため、薄毛に悩む人の心理面にプラスの効果があるとも言われています。

ストレスは薄毛の大敵ですから、この要素は無視できない効果を呼ぶ可能性があります。

薄毛を隠せるオシャレな髪型とは?


仮に薄毛になってしまった人も自暴自棄になる必要はありません。印象を損なわない髪型を上手く選択してやり過ごしましょう。意外に新しいオシャレの方向性を見出せるかも知れません。

ヘアバンドを用いたオールアップなどの髪型


少し頭皮に負担がかかってしまいますが、あまりゴムが強くないヘアバンドを用いて頭髪をまとめましょう。ヘアバンドの位置を調整すれば容易に薄毛の箇所を隠すことができます。

坊主頭


坊主頭は薄毛に悪影響ですが、薄毛になってしまった頭皮を隠すのには適しています。単純に頭髪がイメージに与える影響が極端に小さくなるため、薄毛の印象が薄れるからです。

また、これも頭皮に良くありませんが、日焼けなどしているとカモフラージュ効果はさらに上昇します。

ソフトモヒカンなど頭髪を立たせる髪型


整髪料を用いる必要があるため頭皮にはあまり良くありませんが、背に腹は代えられない場合には頭髪を立たせることでボリュームを出すことができます。

ところどころ頭皮が見えてしまっても当然の髪型なので、薄毛になっている箇所をカモフラージュすることもできます。

薄毛が目立つ、印象の良くない髪型とは?

薄毛になってしまっても周囲は意外と気にしていないということは割と多くあります。

しかし、髪型の選択を誤ってしまうと、どうしても相手に悪い印象を与えてしまうということもありますので、避けるべき髪型は知っておく必要があります。

以下に薄毛の人がすると印象が悪くなりがちな髪型を記載します。

男性の長髪


女性なら問題無いことが多いのですが、薄毛の男性が長髪にしていると貧弱なイメージが強くなってしまいます。また、不潔そうに見られてしまうこともあるため、注意した方が良いでしょう。

頭髪がサイドに膨らむ髪型


どうしても薄毛は中央部分から進行しがちですから、サイドにボリュームがあるとアンバランスに見えてしまいます。薄毛そのものよりもむしろ、そのアンバランスさが印象を損ないがちです。

薄毛になった部分を他の箇所から持ってきた頭髪で無理に隠す髪型


薄毛を隠したい心理は分かりますが、頑張って隠しても薄毛はふとした拍子に見えてしまうものです。無理に隠しているという状態こそがイメージを悪くしますので、潔い髪型を選択することも考えてみてください。

薄毛の人も髪型への気遣いは大切


薄毛になってしまうと髪型には無頓着になり、とにかく頭髪を伸ばすこと、育てることに傾注しがちです。しかし、薄毛の人こそ髪型の維持や管理は重要なポイントになってきます。

仮に一度は薄毛の進行を防ぐ髪型や薄毛でも自分に似合う髪型になったとしても、髪型というものは日々変化していくものです。

薄毛を招いたり、イメージが悪い髪型に数週間でなってしまっては意味がありませんから、セットのことを気に掛けるようにしたり、美容院や理髪店を上手に利用したりしながら薄毛と向き合うようにしましょう。

薄毛対策は髪型から、大切なのは印象です

髪型の工夫は薄毛予防としても薄毛をカモフラージュするためでも、すぐに始めることができ、また高い効果も望めるという点で非常に便利な方法です。

自分の状態や雰囲気に合わせた髪型を選択し、薄毛を進行させない、オシャレを諦めない薄毛対策をしていきましょう。大切なのは自分で満足できることと、何より他人の印象です。

絶対にダメな髪型さえ避ければ薄毛自体も周りの印象も意外にどうにかなるものなので、キチンとした髪型を心掛けるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)