チャ・テヒョン&キム・ユジョン主演映画「愛してるから」二人の抜群の相性に注目

写真拡大

カップルのプロ、チャ・テヒョンがキム・ユジョンまた新しいカップルを予告した。

最近映画「愛してるから」(監督:チュ・ジホン、配給会社:NEW) 側は、俳優チャ・テヒョンとキム・ユジョンの映画のスチールカットを公開した。

誰と会おうがカップル感炸裂、最高の面白さを作り出すチャ・テヒョンのカップルの歴史は2001年にさかのぼる。表と裏が相反するどんでん返しの猟奇女に扮したチョン・ジヒョンと呼吸を合わせた「猟奇的な彼女」でチャ・テヒョンは、優しくて献身的な男キョヌを完璧にこなした。「猟奇的な彼女」は2001年公開当時、約488万人の観客を動員し大韓民国に「猟奇症候群」を起こした。

チョン・ジヒョンに続きチャ・テヒョンと共に人生作品を撮ったもう一人の女優は「過速スキャンダル」のパク・ボヨン。一時期人気アイドルスターであったラジオDJが娘だと主張する聴取者のせいで巻き込まれる羽目になった芸能スキャンダルを収めた映画「過速スキャンダル」は、ベテランチャ・テヒョンと新鋭パク・ボヨンのコミカル演技で笑いと感動を与え、2008年公開当時約820万人の観客を笑わせ泣かせた。

そして今年11月、チャ・テヒョンが再度炸裂させるカップル工場を運営し始めた。「愛してるから」は、記憶喪失の作曲家イ・ヒョン(チャ・テヒョン) が恋に不器用な人々の「身体」に絶えず移り変わり展開していく大爆笑ヒーリングコミディー。チャ・テヒョンとキム・ユジョンは名前、年齢、性別まで何も記憶にない記憶喪失の作曲家イ・ヒョンと、好奇心旺盛でどこにでもついてまわる天然な高校生スカリーとして会い、完璧なカップル感を見せつけた。

理由も規則も分からないまま恋に不器用な人々の「身体」に絶えず入っていくイ・ヒョンと、そのような彼の秘密に好奇心を感じイ・ヒョンを助けるスカリーは、何だかんだ言いながらも一寸の誤差もない最高の相性を見せる。チュ・ジホン監督は「チャ・テヒョンとキム・ユジョンの演技を見ていると、これまでどこでも見られなかった彼らにしかない特級のカップル感が感じられた」と語り、チャ・テヒョンは再度カップル演技の頂点に登ったことを思わせる。キム・ユジョンも「映画の中で“イ・ヒョン”と“スカリー”がお互いに感じる感情は友情だ。愛するカップルではないのでお互いのキャラクターを理解して演技する部分において、気取らず冗談も言い合いながら気楽に撮影した。そのような姿が映画の中に綺麗に収められた」と感想を述べ、23才という年齢の差を軽く跳び越えた二人の呼吸に期待を寄せる。

国民俳優チャ・テヒョンと大人気女優キム・ユジョンの特級カップルで、観客に愉快な笑いを与える映画「愛してるから」は、11月に韓国の映画館で観ることができる。