続編楽しみ! - 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』より
 - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 トム・クルーズ主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編は、「続編であり、かつ前日譚となる」とダグ・ライマン監督がColliderに明かした。

 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、作家・桜坂洋のライトノベルを基にしたSFアクション。謎の侵略者からの攻撃で滅亡寸前の地球を舞台に、同じ日を無限に繰り返す“時のループ”に巻き込まれた兵士ケイジ(トム)の運命を描いた。続編ではライマン監督が続投し、『フランキー&アリス』のジョー・シュラップネル&アナ・ウォーターハウスが脚本を執筆。前作の脚本を手掛けたクリストファー・マッカリー(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』)も脚本の開発やプロデュースで作品に関わっている。

 ライマン監督はこの続編について「これは僕がやろうと思っている唯一の続編なんだ。なぜなら第一に、ストーリーがとても素晴らしい。僕がとても気に入っている前作よりもずっといい。第二に、これは続編であり前日譚なんだ」と説明。IGNにも「本作はどのように続編を作るかという点で、革命を起こすことになるよ。本当にそうなる」と語っている。詳細は不明なままだが、“続編”の概念を超える作品となることは間違いないようだ。

 トムは昨年7月、ヒロイン・リタを演じたエミリー・ブラントにも再出演してくれるよう声を掛けていると明かしていた。(編集部・市川遥)