フォルクスワーゲンのステーションワゴン『ゴルフ ヴァリアント』の最強モデルである「R」の改良型が、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを披露しました。

1

アウディ新型「TT 8S」風のフルLEDライトを光らせ現れたプロトタイプは、アップデートされる2リットル直列4気筒エンジンを搭載していると思われ、最高馬力はゴルフ最強の295psとも伝えれています。

エクステリアは、ヘッドライトを始めカモフラージュが施されているフロント&リアバンパーのデザインがリフレッシュされます。

ハイテク面では、最新世のインフォテインメントシステムを始め、9.5インチ大型タッチスクリーンが搭載されるようです。

2017年3月のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアが期待されます。

(APOLLO)

VWゴルフ「R」ヴァリアント、295馬力の改良型がニュルを疾走!(http://clicccar.com/2016/10/29/411671/)