キム・カーダシアンのことが嫌いだった?ビヨンセ (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手のビヨンセが、親密だと伝えられていたキム・カーダシアンのことをあまり良く思っていなかったという。

ビヨンセの夫のジェイ・Zとキムの夫のカニエ・ウェストは以前、アルバム「Watch the Throne」でコラボして一緒にツアーをまわるなど公私ともに良い関係を築いていた。しかし、カニエが楽曲を提供し、ジェイがCEOを務める定額音楽配信サービス「TIDAL」の方針を巡って2人は対立。カニエはステージ上で「『Watch the Throne 2』はありえない」と激怒していた。

家族ぐるみでの付き合いが伝えられていたジェイとカニエ夫妻だが、ビヨンセとキムの関係について関係者はニューヨークポストのゴシップ誌「Page six」に次のように語っている。「ビヨンセは心の中ではキムのことが全く好きではありませんでした。夫の友情やジェニファー・ロペスなど共通の友人がいたから、我慢していただけです。ビヨンセはキムにいつもちょっと冷たいです。最後に会ったときもビヨンセはすぐに会話を切り上げていました。2人の間にはいつも気まずい沈黙があるのです」。【ハリウッドニュース編集部】