糸こんにゃくが最高のダイエット食に

写真拡大

【あのニュースで得する人損する人】(日本テレビ系)2016年10月20日放送
「家事えもん ダイエットこんにゃくレシピ」

低カロリーで食物繊維が豊富なこんにゃくはダイエットにぴったりな食材だが、レシピがあまり思い付かず、飽きてしまって続かない人もいるのでは。

そんなこんにゃくを、家事万能芸人の「家事えもん」こと松橋周太呂が7種類のレシピに変身させた。ポッチャリに悩む女性3人が、このレシピを朝昼晩のうち1食置き換えるだけの1週間ダイエットに挑んだ。

糸こんにゃくが中華めん風に変身するワザ

挑戦したのは、ピン芸人の松丸ホルモン(30)、ぽっちゃりが売りのアイドルグループ「Pottya(ポッチャ)」の犬童(いんどう)舞子(24)、漫画家の倉田真由美(45)だ。

松丸は身長158センチで体重78.7キロ、ウエストは104.8センチ。犬童は162センチ66.4キロ、ウエスト89.4センチ。倉田は162センチ67.0キロ、ウエスト84.8センチと、三者ともウエストが結構太め。

1日目に食べたのは「こんにゃく汁なし担々麺(めん)」だ。

糸こんにゃくは水で浸し、電子レンジで3分間「チン」、その後水洗いして臭みをとる。水を切った糸こんにゃくに鶏がらスープの素を混ぜるだけで中華めん風になる。カロリーは中華めんが100グラムで約280キロカロリーなのに対し、中華めん風糸こんにゃくはわずか9キロカロリーになる。

糸こんにゃくの周りに刻んだ生のニラをトッピングし、こんにゃくの上には鶏むねひき肉、刻んだ長ネギ、みそを炒めて作った肉みそ、カットしたミニトマトをのせ、ラー油を適量かける。最後に白髪ネギをのせたら完成だ。約210キロカロリーで、1食約250円と財布にも優しい。

ヘルシーなのはよいが、気になるのは味だ。

試食した坂上忍「美味いな〜!糸こんにゃくに鶏ガラを和えたのすごいわ。あの一手間がでかい」
家事えもん「汁なしにしたのがポイント。普通の担々麺にしてしまうと、スープで具が離れてしまい、こんにゃくをコーティングしている具材が少ない状態で口に入るので、ただのこんにゃくになってしまう。汁なしにすると具材がくっついたまま口に入るので、あまりこんにゃくを感じない」
坂上「サラダ感覚と思われるかもしれないけど、ちゃんとメーン料理になっている」

中華料理やスイーツにも変身

2日目は「こんにゃくレタスロール」。

はさみで細かく刻んだ糸こんにゃくと、鶏むねひき肉、はんぺん、すりおろしたショウガ、しょう油、粗びきこしょう、塩をすべて冷凍保存用袋などの袋に入れよく揉む。

袋の角をはさみで切ってしぼり袋にし、1玉を半分にカットしたレタスのすき間に詰めるようにしぼり出す。

スプーンなどで形を整え皿に乗せラップをし、600ワットの電子レンジで約4分加熱したら完成だ。

3日目は「こんにゃくユッケ」。

フォークで細くそいだ後に臭みを取った黒い板こんにゃくと、マグロ、小口切りにした万能ネギを、焼肉のタレで混ぜ、皿に敷いたきゅうりの千切りの上に盛る。上に卵黄、白ゴマ、残りの万能ネギをのせればOKだ。

4日目は「きな粉もち風こんにゃく」。

白い板こんにゃくの表面をスプーンでそいでくずきりのような形にしてから臭みを取り、黒蜜、きな粉をかけるだけ。

5日目は、チンジャオロースー風の「こんにゃくロウスー」。

板こんにゃくをフォークで細くそいで軽く炒め、細切りした鶏むね肉、ピーマン、味付きメンマを加え中火でさらに炒める。

肉に火が通ったら、しょう油、酒、砂糖、塩、ごま油、片栗粉、水を混ぜ合わせた調味料を入れて炒め合わせ、仕上げにごま油を加えて混ぜる。

便秘解消のパートナーは納豆

6日目は「こんにゃくトマトナムル」。

フォークで細くそいだ後臭みを取った黒い板こんにゃく、くし形に切ったトマト、600ワットの電子レンジで40秒加熱したもやし、味付きメンマを、中華だしの素、ごま油、塩で和えれば完成だ。

7日目は、初日から6日目までの余った食材と納豆を使った「イタリアン爆弾こんにゃく」。

みじん切りにした後臭みを取った黒い板こんにゃく、みじん切りにしたレタス、トマト、味付きメンマ、ひきわり納豆、粉チーズ、小口切りにした万能ネギを皿に盛り、上に卵黄をのせる。

みじん切りし軽くつぶしたトマト、オリーブオイル、しょう油、納豆に付いているタレ、塩、粉チーズを混ぜ合わせたソースをかけていただく。

1食置き換えダイエットを1週間続けた結果、体重は松丸が2.6キロ、犬童が2.4キロ、倉田が2.1キロ減。気になっていたウエストも松丸が6センチ、犬童が9.5センチ、倉田が2センチ減と、全員ダイエットに成功した。

特にウエストがサイズダウンしていた犬童は、3日に1回しか便が出ないという便秘症だったのが、ダイエットを始めてからお通じが良くなったという。

食物繊維が豊富なこんにゃくには便秘解消効果があるが、それをさらにアップさせるのが納豆だ。

納豆菌には腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌のビフィズス菌を増やす効果がある。こんにゃくに含まれるグルコマンナンという成分は、ビフィズス菌のえさとなるオリゴ糖に変化する。納豆とこんにゃくを一緒に摂(と)るとビフィズス菌がより活性化し、相乗効果で腸内環境が良くなる。

犬童は元々納豆が好きで、家事えもんレシピ以外にも1週間で3食納豆を取り入れていた。こんにゃくが加わったことで、便秘が解消されたとみられる。