【今さら聞けない】公道走行でも重要な正しいドライビングポジションとは?

写真拡大 (全11枚)

正しいポジションは長時間のドライブでも疲れにくい

武道やスポーツの世界では、「構えを見れば、その人の実力はわかる」といわれているが、ドライビングにおいては、けっこうアバウトかつ安易にドライビングポジションを決めている人も多いのではなかろうか。

レースの世界では、シート合せからセッティングがはじまるし、スキーやバレエの選手もブーツやシューズのフィッティングに余念がない。

そういう意味で、一般ドライバーももう少し、ドライビングポジションにこだわってもいいと思う。正しいドライビングポジションのキモは、ずばりシートバックの角度にある。

ドライバーこそ、クルマの司令塔なので、まずは身体の軸をまっすぐに、とくに首がニュートラルな位置で、目線が水平を保てるようにするのがポイント。

まずはできるだけシートに奥深く腰かけ、腰背部や仙骨のあたりに隙間ができないよう座る。浅く腰かけてしまうと、腰のホールド性が弱く、上半身の軸(脊椎)が、前後左右のGでぶれることになるからだ。背骨や首ができるだけ垂直を保てるポジションとなると、シートバックは、基本的に立て気味になる。

具体的には強めにブレーキをかけたときに、上半身がステアリングに覆いかぶさりそうになるのなら、シートバックが立ち過ぎなので、少し角度を寝かしてみる。逆に加速で首が後ろに反りそうになるならシートバックを少し起こす。

1時間や2時間のドライブで首に疲労を感じたり、肩が凝ってくるようならば、それはドラポジに問題があると思った方がいい。また、首が反っていたり、妙に顎を引いたポジションも、呼吸を妨げ、緊張しやすく、疲れやすい。

運転するたびに調整し直すことが重要

シートの前後の位置は、セオリーどおり、クラッチペダルを奥まで踏んで、膝裏が伸びきらずに軽く曲がる位置でOK。AT車なら、ブレーキペダルしっかり踏んだときに、同様になればいい。もっと重要なのは、ステアリングまでの位置関係。

チルト機能があるクルマは、ステアリングはなるべく低めに設定し、肩を背もたれにつけたまま腕を伸ばし、ステアリングの頂点に手首が乗るような位置まで座面を調整。街でよく見かけるドライバーは、腕が伸びすぎているケースが非常に目立つ。

でも重いものをもつときに、手を伸ばして身体から遠く離して持ち上げようとする人はいないはず。同様にステアリングが遠いと無駄な力が必要になって、力みにつながってしまうのだ。肝心なのは、操作しやすいポジションを作ること。

ダイヤル式あるいは電動で無段階に調整できるシートバックや、チルト&テレスコピックステアリング、シートリフターなど、あらゆる調整機能を遠慮なく使って、ベストポジションを追求してみよう。

ただし、ベストポジションは固定的なものでもない。その日の体調、着ている服などでも微妙に変わる。一度しっかり基準のポジションを見つけ出したあと、フレキシブルに微調整するのも大切。

いいポジションは安全運転の第一歩。しかも疲れず、ドラテクレベルがそのまま反映されるので、ベストなドラポジを探すことから、ドライビングの達人を目指していこう。

(文:藤田竜太)