エルゴノミクスキーボードの進化系

写真拡大

パソコン周辺機器などを扱うアーキサイト(東京都千代田区)は、台湾Mistel keyboard(ミステル・キーボード)製の左右分離型メカニカルキーボード「Mistel Barocco(ミステル・バロッコ) MD600シリーズ」を2016年10月末に発売する。

左右ユニットに分離して使用でき、ユーザーの様々な利用シーンや入力スタイルに対応。長時間の利用でも手首の疲れや不快感を最小限に抑えられるといい、快適に利用できるよう人間工学に基づいた設計を施す。

持ち運びに便利なコンパクトボディで、キーキャップは耐摩耗性・電気特性にすぐれたPBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂を採用する。

「ハードウェアマクロ機能」を搭載し、キーの配置変更や入力パターンのプログラミングに対応。通常の配列に加え「Layer 1〜3」3つのプロファイルを設定可能で、左右両方に備えたスペースキーに別々のキーを割り当てられるほか、設定を駆使すれば右側だけに左側を含む全てのキー入力操作を割り当てることも可能だという。

キー配列は基本的なQWERTYのほかDvorak、Colemak各レイアウトを搭載し、切り替えて使用できる。キースイッチは「CHERRY MX」を採用し、用途や嗜好に合わせ「黒軸」「茶軸」「青軸」「赤軸」「白(クリア)軸」(数量限定・直販専用)各モデルをラインアップする。

キーキャップ引き抜き工具、USBケーブル(miniB-A、microB-microBカールタイプ)各1、エンターキー交換用キャップなどが付属する。

価格はオープン。