<電撃離婚劇の裏で周囲が心配しているのはやはり6人の子供たち。特に一番年上のマドックスは離婚のきっかけとなったとされ、大きな試練になっているはず>(写真:「仲良し大家族」だったが〔左がマドックス・13年11月撮影〕)

 アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットに離婚を突き付けてから1カ月が経過。彼女が裁判所に出した離婚申請にピットが返答していないことが、先週明らかになった。醜い法廷闘争となれば子供たちに悪影響を与える、と心配したからだという(現在はジョリーが一時的な単独親権、ピットが訪問権を持つことで合意されている)。

 今回の離婚劇で2人や周囲が気にしているのは、やはり6人の子供たちのこと。公の場でもプライベートでも、マドックス(15)、パックス(12)、ザハラ(11)、シャイロ(10)、双子のビビアンとノックス(8)を引き連れて歩く姿はジョリーとピットのトレードマークだった。

【参考記事】ハリウッドの人種差別は本当だった

 離婚申請後、ピットは子供たちと2回面会しているが、マドックスは拒否。そもそもジョリーに離婚を決断させたのが自家用ジェット機内でピットがマドックスに暴力を振るったこととされ、「マドックスは二度とピットに会いたくないと思っている」との報道も。彼が養子になったのはジョリーとピットがカップルになる2年前の02年で、子供たちの中でも心情的に一番ジョリーに近いのかもしれない。

 ただでさえ難しい年頃のマドックスには、両親の離婚(しかも自分がきっかけを作ったかもしれない)は大きな試練のはず。それでも先週にはセラピスト同席で、ピットと面会したという。

 自家用ジェット機の件では先週もFBIがジョリーらに話を聞くなど、「虐待疑惑」が尾を引いている。離婚手続きはプライベートに進むとしても、子供たちの不安はまだ続きそう。

[2016.11. 1号掲載]

ニューズウィーク日本版編集部