中国では大きなほうきを持った清掃員が街の清掃に「一日中」従事している。こうした清掃員は日本では見られないが、それでも日本旅行を通じて「日本の街は中国より圧倒的に清潔」であることに感動する中国人は非常に多い。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では大きなほうきを持った清掃員が街の清掃に「一日中」従事している。こうした清掃員は日本では見られないが、それでも日本旅行を通じて「日本の街は中国より圧倒的に清潔」であることに感動する中国人は非常に多い。

 中国メディアのFT中文網は18日付で、中国人の眼に映る日本の印象やイメージは「人それぞれ」だとしても、「日本が非常に清潔である」という共通認識は間違いなく存在すると説明。日本で3カ月間にわたって生活したという中国人の見解として「厳格なゴミ分別」が日本を非常に清潔に保っていると紹介している。

 記事は、日本で暮らした中国人の手記として、まず部屋の賃貸契約をした際に不動産業者から「ゴミ分別の説明書」を受け取ったと紹介。「もし日本に来て実際に生活しなければ、日本人のゴミ分別の厳格さを理解することはできない」と説明する一方で、日本のゴミ分別の厳格さと面倒さは「人を激怒させるレベル」だと表現、「この厳格なゴミ分別こそが日本の清潔さを成立させている」という見方を示した。

 実際に経験しなければ「日本のゴミ分別の厳格さを本当には理解することはできない」という記事の説明は、まさに本心であり、心からの正直な感想なのだろう。中国のゴミ分別は一般的にはリサイクル可能なゴミ、生ゴミ、有害ゴミ、その他のゴミの4種だが、中国の人びとは実生活でこの4種さえ分別していないのが現状だ。

 中国の各マンションにはそれぞれゴミ出しの場所が決められているが、その場所は24時間365日、どのようなゴミでも出して良いことになっている。こうした生活環境に慣れ親しんだ中国人が日本のゴミ分別を経験すれば、おそらくほとんどすべての人が「日本のゴミ分別の厳格さと面倒さは人を激怒させるレベル」と感じるに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)