コリン・ファース Photo by Karwai Tang/WireImage/Getty Images

写真拡大

 米ウォルト・ディズニーが準備を進めている1964年のミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の続編「メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)」に、「キングスマン」のコリン・ファースが出演することになりそうだと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 同作は、アカデミー賞5部門を受賞した傑作ミュージカル映画の続編で、前作の25年後を舞台に、いまや大人となったバンクス家の子どもたちを主人公にしたミュージカル映画だ。前作でジュリー・アンドリュースが演じたメリー・ポピンズ役をエミリー・ブラントを演じることがすでに決まっており、コリン・ファースは、フィデリティ信託銀行の社長役をオファーされているという。監督はロブ・マーシャルで、新曲を含む音楽を「ヘアスプレー」のマーク・シェイマンとスコット・ウィットマンが手掛けることになる。ちなみにコリン・ファースの最新出演作は人気シリーズ第3弾「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」。

 「メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)」は2018年12月25日の全米公開を予定。