10月26日、全日本男女バレーボールチームの新監督が発表された。男子は往年の大エース中垣内祐一(48)。女子は「天才セッター」と呼ばれた中田久美(51)。いずれも元スター選手の就任となった。ふたりとも来年3月のリーグ終了までは堺ブレイザーズと久光製薬スプリングスに部長と総監督として所属する。両名とも契約は2年だが、2020年の東京五輪まで指揮を執ることが基本線だ。

 中田監督はVリーグの実績から、次期監督の候補として以前から名前が挙がっていた。一方、中垣内監督はここ数年現場を離れており、サプライズではないが、選考の根拠はやや乏しい。ロンドン、リオと2大会連続で五輪出場を逃して、低迷を続ける全日本男子を立て直すことはできるのであろうか。

 まず、中垣内監督の経歴を振り返ってみよう。

 筑波大学在学中に全日本に選ばれ、1989年のワールドカップでは6位、新日鐵に入社後の91年ワールドカップでは4位と上位進出に貢献。同時期に全日本メンバーだったレシーブの名手・青山繁が「もうガイチ君に全部上げておけば、何とかなる! 僕らはとにかく拾ってつなぐから、ガイチ君あとはよろしく!って」というほどのスーパーエースだった。

 そして、92年バルセロナ五輪6位入賞の立役者になる。痛めた膝に注射を打ち、スパイクを打って打って打ちまくって勝ち取った結果だった。

 日本リーグ、Vリーグでは3度のMVPと敢闘賞を受賞。2004年に現役引退後は堺ブレイザーズの監督になり、2005-2006シーズンには8年ぶりの優勝に導いた。2009年から2年間はJOCスポーツ指導者海外研修員として渡米。2011年から全日本男子コーチに就任。ところが2012年、次期監督と目されながらも女性問題が発覚し、表舞台から姿を消していた。

 今春、Vリーグ堺ブレイザーズのGMとして3年ぶりにバレー界に復帰。そして、このたびの全日本男子監督就任の流れとなった。

「バレー界に大きな迷惑をおかけしたのにもかかわらず、こうして今、この場にいるのが不思議な気持ちがする」と本人も言っていたように、確かに不安な面もある。世界のバレーボールは日々アップデートしている。ロンドン五輪で銅メダルを獲った全日本女子の眞鍋政義監督ですら、その流れに置いていかれ、この夏、世界との差を痛感することとなった。そうしたなかで、3年間のブランクは小さくない。

 バレーを離れていた3年間、中垣内は新日鐵住金の営業マンとして過ごしていた。「バレーの中垣内さんの親戚ですか?」と聞かれれば「そうです」ととぼけた返事をして、バレーのことは一切口に出さず、ゼネコンに鉄を建築資材として売る日々を続けたという。

「バレー界にいたときに高慢だったところが、少しだけよくなったかもしれない。今思えば、(バレー界にいた頃は)『俺が何とかしてやる』と思っているところがあった。営業マンとして培ったものは、人間対人間の信頼関係が大事だということ」

 筆者の印象でも、現役時代の彼は常にピリピリしていて、決して取材しやすい対象ではなかった。カメラマンが飛行機の延着で予定していた取材時間に間に合わなかったとき、「他の選手だったら、『不可抗力だから待っててね』で済むけど、ガイチでしょ。もう肝を冷やしたよ」と首をすくめていた。

 堺の監督に就任したばかりの頃、ゲーム形式での練習中、二段トスが上がって「ここで打て!」と選手に指示したのにも関わらず、スパイクがネットを越えないのを見て、ポカーンとしていたのを覚えている。選手を馬鹿にしているというわけではなく、「なぜこんな簡単なことができないのか、本当に分からない」という表情だった。"名選手"ならではの指導の難しさである。

 それでも、筑波大に一般入試で合格したクレバーさで、そのあたりは着実に克服していった。JOCの海外研修から帰国後、全日本のコーチ時代は、タイムアウトになると、選手たちは植田辰哉監督ではなく中垣内コーチの元に集まった。それだけ人望があったし、指示も適切だったのだ。

 3年間、社業に励むなかでも、堺のホームゲームだけは見に行っていた。また、取材されたのをきっかけに、昨年のワールドカップから世界のバレーを再び見るようになった。大会期間中に、中垣内から「私の予想は間違っていた! この全日本はいいじゃないか」という言葉を聞いた。それはVリーグの他チームをよく見ていなかったからであり、現在の全日本のレベルを把握できていないがゆえのコメントであろう。もちろん監督の目線で試合を見ていたとも思えない。

 チームの方向性は会見でも多少語られた。

 自分自身は大エースだったが、今後の全日本男子を「エース頼み」のチームに育てるつもりはあまりないという。中垣内と同じポジションのオポジット・清水邦広の後継者を探しつつ、「オポジットを攻撃専門ということにこだわらないシステムも考えている」とのこと。昨年のワールドカップを見て「石川祐希・柳田将洋と得点力のあるサイドアタッカーがやっと出てきた。これならオポジットに頼り切らなくてもいい」と思ったそうだ。

 当面の選考は前任の南部正司監督の選出したメンバー、とりわけ石川を中心にして考える。戦術的には「サーブとブロックの強化が急務」。それを実現するために、実績のある外国人コーチを招く予定だ。これは、ある意味3年間のブランクがある自分の指導力や分析力を冷静に認識した上での行動といえるだろう。中垣内自身は渡米前から英語に堪能で、通訳なしでコミュニケーションは取れるはずだ。

 このように経緯を追っていくと、正直、この人選がベストだったかといえば疑問は残る。サッカーなど他競技同様、実績のある外国人監督を招聘する手はなかったか。ただ、コストやコミュニケーションの面で日本人監督に絞るならば、最善とはいえなくても、悪手でもないと思う。

「自分は全日本で育ててもらったので恩返しのつもりでお受けした。この就任を一番に伝えたいのは、亡くなった筑波大の恩師、都澤凡夫(ただお)先生。長所を褒めて伸ばす指導で、私を我慢強く使い続けてくれた。目標は突飛と思われるかもしれませんが、東京五輪に挑戦する以上はメダルを獲りたい」

 地元開催の五輪での活躍がなければ、それ以降の競技人口・人気にも大いに影響がある。かつてのカリスマ大エースは、低迷する全日本男子を立て直せるか。心配は少なくないが、まずは期待を持って、その指導力を見ていきたい。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari