26日、韓国・聯合ニュースなどによると、国別の寄付やボランティア活動への賛同度合について調べる「世界寄付指数ランキング」で、韓国が前年より順位を落としたものの日本を上回る位置にランクインした。写真はミャンマー。

写真拡大

2016年10月26日、韓国・聯合ニュースなどによると、国別の寄付やボランティア活動への賛同度合について調べる「世界寄付指数ランキング」で、韓国が前年より順位を落としたものの日本を上回る位置にランクインした。

英国のチャリティー支援財団(CAF)が25日(現地時間)発表した16年版の世界寄付指数に関する報告書によると、ミャンマーの寄付指数は70%で調査対象の140カ国中1位となった。2位以下は米国(61%)、オーストラリア(60%)、ニュージーランド(59%)、スリランカ(57%)、カナダ(56%)と続く。

この調査は各国から1000人を選定しインタビューを実施、「見知らぬ人を助けた経験」や「寄付経験」「ボランティア活動の時間」などを聞き取った結果を総合し寄付指数を算出するもの。1位のミャンマーについてCAFは、国民の大多数に浸透している仏教信仰の影響が善行につながっていると分析している。

一方、韓国の寄付指数は33%、順位は前年の64位から11ランク下がり75位だった。「ボランティア活動をしたことがある」とした韓国人は18%、「慈善団体への寄付経験がある」との回答は35%だった。記事は結果について「韓国は代表的な紛争国であるイラク(31位)よりも寄付に対してけちであることが分かった」と伝えたが、日本や中国の順位はその韓国にも遠く及んでいない。日本は114位、中国は寄付指数11%で最下位だった。

これについて韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「ヘル朝鮮(地獄のような韓国)が75位とは驚き」
「韓国最高の名言を知ってるか?『君の物は僕の物、僕の物も僕の物』」
「韓国は国家機密も分け合っちゃう国だよ(韓国大統領が私人である友人に機密文書などを渡していた事件を受けて)」

「韓国では貧しい人がまた貧しい人を助ける例が多いね」
「韓国は慈善団体の不正が多くて寄付の信用度が下がってる部分もあると思う」
「日本より上というのは意外」
「とりあえず日中より上なので満足」

「韓日中の3国は、民族的にも似ていて幸福指数はそろって低い。こういう調査に表れる貪欲さも同じだな」
「韓国より順位が低い日本人も、他人には絶対に迷惑を掛けない。他人の人生に口出ししないし、思いやりの心も強い。内心は分からないけどね。一方韓国や中国は他人に迷惑を掛けるどころか自分さえうまくいけばOK。他人をだましてでもすべてを手にしようとする」(翻訳・編集/吉金)