ドラマ通の4人いわく「ゴールデンタイムでは『逃げるは恥だが役に立つ』がダントツ」

写真拡大

「週刊ザテレビジョン」44号(10月26日発売)の特集「秋ドラマ“ホントの評判”」では、ドラマ評論家&ライター4人が10月クールの連ドラ注目作10本について座談会を実施。今回はWEB限定特別編として、誌面には収まりきらなかったトークをノーカットで公開!! 第1弾は、4人がゴールデンタイムのドラマではイチ押しだという「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)について激論を繰り広げます!

【写真を見る】第1話オープニングの「情熱大陸」のパロディーは、原作コミックを忠実にトレース

小田慶子:すみません、いきなり主張します(笑)。私はテレビ雑誌の編集部にいて、そのときどきでブレークしたスターが表紙になるのを見てきたので、やっぱりゴールデンタイムのドラマには旬の人を呼んでほしいという思いがあるんです。

読者の皆さん、つまり視聴者の多くが「あの人いいよね」と思っている人を主演にするべき。“これまで”主役をやってきた人だからというキャスティングじゃなくて、ドラマの未来のためにも、“これから”の人を起用してほしい。

成馬零一:そういう意味では前評判も高かった「逃げるは恥だか役に立つ」は文句ないでしょう。主演がガッキー(新垣結衣)で、相手役が星野源。僕はこういうのが見たかった。

小田:そうそう。みくり役のガッキーも、津崎役の星野源も、かわいい! 輝いている!! 今クールのベスト。

成馬:現時点でこのドラマが傑作とは言えないけれど、作りは丁寧。同じ枠で放送した「重版出来!」に続いてこういう作品を積み上げていけば新しい流れを作れるかもしれない。そういう意味では唯一、希望が持てるドラマだと思う。

上甲薫:“ドラマのTBS”の良心のサイドが出ていますよね。キャラクターとして嫌なヤツやおかしなヤツを出さなくてもドラマは転がるよという、正しい見本のよう。見ていて本当にストレスがない。

木村隆志:最近、この火曜ドラマ枠がそうなっていますよね。1月クールの「ダメな私に恋してください」も、4月クールの「重版出来!」も悪人のいないドラマ。そして、裏番組のフジテレビはドラマ枠ではなくなったし、すごく良い風が吹いている。

上甲:スタッフの力もある。金子文紀ディレクターは「99.9‐刑事専門弁護士‐」('16年TBS系)もそうだったけれど、演出のテンポが良くて無駄がないし、下品なことをしない。例えば、第1話で津崎が風邪で倒れてしまう。そのとき、津崎の額の汗を拭くとか、みくりが下着を取り替えようとしてキャッとか、そういうありがちなことをしない。

成馬:確かにその辺り淡々としているなぁ。演出といえば、ガッキーの見せ方にはすごく感心している。ガッキーがちゃんとかわいく撮れているドラマって、実はこれまでなかった。彼女、実は身長が168cmもあって結構大きい。これまでは共演の俳優との兼ね合いがあって、バストアップで写すようなドラマが多かったけれど、「逃げ恥」はちゃんとガッキーの全身を映し、手足が長いという魅力も出せている。

上甲:星野源と並んだときに身長が変わらないものね。でも、それが良い。

成馬:僕は女優がかわいく撮れていればOKなので、その意味でこのドラマは既に合格点。

木村:恋愛ドラマだからね。女優がかわいいのは大前提。昔の恋愛ドラマは、例えば中山美穂のように視聴者も恋しちゃうような魅力的なキャストが引っ張っていたけれど、それが久しぶりにできる作品になっている。

小田:ただ、「ガッキーがかわい過ぎる」というぜいたくな悩みも。だって、あのガッキーが「お掃除しに来ました」ってピンポーンしたら、100人中100人の童貞がほれるでしょう。だから、原作漫画と違って、最初からみくりと津崎は恋に落ちているって分かっちゃう。

成馬:それがこのドラマの美点でしょ。僕は女優だけでなく、主役は美男美女でいてほしいという気持ちがあるから、それがちゃんと実現していることに満足。

小田:まぁね、かく言う私も星野源が高熱で倒れていたら、これ幸いと捕獲して結婚に持ち込みますよ(笑)。

上甲:もうね。星野源という人間がこの世に生まれてきてくれて、ありがとう…。

小田:上甲さん、そこまで言うとは!

上甲:この“プロの独身”という津崎役を演じられて、かつ今、旬な主演級の人といえば星野源しかいない。年齢や顔立ちが美形じゃないところもぴったりで、これ以上の適役はありえません。その上、エンディングテーマまで作ってくれるなんて。

木村:話題の「恋ダンス」ね。本当に男女ともに見ていて楽しい、Win-Winのドラマになっている。

小田:男性視聴者にとっても、女性視聴者にとっても“萌え”があるところが、ヒットの要因じゃないかな。

成馬:そう、誰も不幸にならない(笑)。

木村:内容的にも評価できる作品で、少女漫画原作の恋愛ドラマは、前クールの「せいせいするほど、愛してる」('16年TBS系)のように過剰な展開になりがちだけれど、その点、きれいに毒気が抜けている。

成馬:脚本を書いている野木亜紀子(※注)のアレンジがうまい。

小田:そう。「重版出来!」も野木亜紀子で、漫画家のクリエーターとしての苦悩を原作からうまく抽出していたけれど、今回もさりげなくうまい。例えば第1話で、みくりが津崎に「ならいっそ、結婚しませんか」と言うところ、原作では本当に唐突な思い付きとして言うのに、ドラマでは前日に友達と「家事労働力がほしい男と家事な好きな女のマッチング」について話していたからつい…という背景を描いている。第2話でも、原作にはない場面でタイトルの「逃げるのは恥だが役に立つ」の意味をちゃんと説明しているし、原作のスピリットを損なわず、ディテールを補い、映像作品として自然なものに見せる腕はピカイチ。

成馬:野木亜紀子は原作もののアレンジャー(脚色)としてしか評価されていない感があるけれど、ことしの当てっぷりはハンパない。

上甲:ただ、そもそも原作が良くできているから。「情熱大陸」などのパロディーも、脚本家の手腕と思っている人が多いけれど、あれも原作漫画のコマのまま移植しているわけで。

成馬:逆にそこは漫画を生かさなくてもよかったんじゃないかな。ガッキーだって既に「リーガル・ハイ」('12年フジテレビ系)でパロディーをいっぱいやっているし、今さら感がある。それに、内容的にも非正規雇用の女性をリアルに描けているかというと、ちょっと怪しい。

上甲:でも、フラットにどこからも文句が出ないように描けていますよね。男性目線、女性目線、結婚したい人、したくない人。どの目線からの見方も全部拾っているな、と。

小田:確かに。全ての属性のキャラクターがそろっている。目配りが効いていてリアルと思ったのは、未婚を通している伯母、百合ちゃん。まぁ、あそこまでナチュラルに美しいアラフィフは日本広しといえども、石田ゆり子しかいませんけどね(笑)。

上甲:百合ちゃんとは対照的に、みくりのお父さんとお母さんは結婚して幸せという夫婦。でも、そこで生き方の違う人間同士がバトルにならないところがいい。みんな自分の価値観に満足している感じ。

成馬:そういうフワッとした生き方ってリアルといえばリアル。ヒロインが「結婚もいいけど仕事もね」ぐらいに考えていて、親も娘に対し何を言っていいか分かんないという。

上甲:独身女性の生き方は何かと取りざたされるけれど、現実にはこのドラマのような感じなんじゃないかな。最近、問題になったCMの「25歳からは女の子じゃない!」とか漫画「東京タラレバ娘」のような温度じゃない。不安は抱いているけれど、もっとぼんやりしていて、口論なんてしないと思う。

小田:それは大いに同意。「東京タラレバ娘」も来年ドラマになる('17年1月スタート予定、日本テレビ系)けれど、原作は独身に対するプレッシャーがきつ過ぎて…。そこまで追い詰められなきゃいけないのかと思っちゃう。その点、「逃げ恥」の方が今の空気を拾えている。

成馬:野木亜紀子はそういう空気をつかまえているとは思うが、今後それをきちんとテーマとして書ければ、脚本家として本当に開花することになりそう。

小田:やっぱり次はオリジナル作に挑戦してほしい。「空飛ぶ広報室」('13年TBS系)、「掟上今日子の備忘録」('15年日本テレビ系)も良かったし、野木脚本とガッキーの相性は良いと思うので、もちろんガッキー主演でもOKです。

[構成・文=小田慶子]

(※注)野木亜紀子=のぎ・あきこ。'10年、第22回フジテレビヤングシナリオ大賞を獲得した「さよならロビンソンクルーソー」(フジテレビ系)で脚本家デビュー。有川浩原作の「空飛ぶ広報室」('13年TBS系)で評価される。同じ有川浩原作の映画『図書館戦争』シリーズ('13年)や『アイアムアヒーロー』('16年)では、佐藤信介監督と組む。他の作品に「掟上今日子の備忘録」('15年日本テレビ系)、「重版出来!」('16年TBS系)など

〈座談会メンバー〉

●木村隆志:ドラマ解説者。毎月20本強のコラムを執筆。テレビ番組のコメンテーターや芸能人専門のインタビュアーも務める

●成馬零一:ライター、ドラマ評論家として活躍。単著に『キャラクタードラマの誕生 テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある

●小田慶子:ドラマライター。出版社に勤務後、ライターとして活躍。雑誌「LDK」(晋遊舎)やWEBでドラマコラムを連載中

●上甲薫:エンタメライター。テレビ情報誌の記者を経てフリーに。「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで執筆