北朝鮮の労働新聞は28日、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の暗殺事件に言及しながら、朴槿恵(パク・クネ)大統領を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

労働新聞は、暗殺事件(1979年10月26日)から37年にあたる26日にも、朴正煕氏と朴大統領を非難する論評を掲載した。

論評は、「逆徒の犬死が見せたようにファッショ独裁者の終えんは一様に悲惨だった」と指摘。逆徒とは朴正煕氏を指す。

さらに、韓国軍が「逆徒をおだて上げ、はては逆徒が『1945年に光復軍で活動した』という荒唐無稽なたわごとまで並べ立てて親日売国奴を『愛国者』に変身させる劇を演じた」と主張した。

そのうえで「朴槿恵が日を追って深く陥る破滅の泥沼から抜け出ようと父まで売って同情を哀願し、最後のあがきをしているが、『維新』独裁者のような悲劇的末路を決して避けられない」と強調した。