今後が楽しみ!
 - (C) 2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

写真拡大

 映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』で山田孝之ふんする主人公・ウシジマの中学時代を演じた俳優・狩野見恭兵が「すごい!」と話題になっている。

 シリーズ完結編となる本作では、ウシジマと因縁のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗)の対決が描かれ、これまで謎に包まれていたウシジマの過去も明らかに。ウシジマといえば常に無表情をしたイカついルックスで、いっけん狩野見はかわいらしすぎる気もしなくはないが、いざしゃべりだすとビックリ! ウシジマのイメージそのものなのだ。

 Twitter上でも「少年時代のウシジマくんの演じてた狩野見恭兵って子演技上手すぎやわ」「狩野見恭兵くん、この子やべーよ!ウシジマ社長の生き写しだよ!」「狩野見恭兵くんがとてもいい演技してた。大人のウシジマくんのキャラを壊してない」(原文ママ)などと絶賛の声が上がっている。

 狩野見は1999年5月26日生まれ、静岡県出身の17歳で、土屋太鳳、橋本愛らと同じ Sony Music Artists に所属。映画『くちびるに歌を』『ホテルコパン』等に出演し、本作のオーディションでは山田からも「彼なら」と太鼓判を押され、200人以上の中から14歳のウシジマ役を勝ち取ったという。

 6月に行われたキャスト発表会見では「不安もすごくあったんですけど、自分なりに通学のときにウシジマ社長の歩き方だとか、階段の下り方だとかをマネしました」と役づくりを明かしながら、「いつもは結構、声が高めですが、監督に低めの声を出せと言われまして、特に大きい声で呼ぶときは高くなっちゃうので大変でした」と苦労を語っていた。(編集部・中山雄一朗)

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は公開中