「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語-Part2-『鶴橋駅編』」で知英のドラマ初主演が決定/(C)カンテレ

写真拡大

'17年1月17日(火)にカンテレで放送される「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語-Part2-『鶴橋駅編』」(夜0:25-0:55※変更あり)で知英がドラマ初主演を務めることが決定した。

【写真を見る】知英は焼き肉店でアルバイトをする韓国人女性・ジヒョンを演じる/(C)カンテレ

知英が演じるのは、焼き肉店でアルバイトをする韓国人女性・ジヒョン。テープを繰り返し聞いて2日足らずで習得し、関西人に間違えられるレベルにまでなったという関西弁での演技を披露する。

2日間というタイトなスケジュールでの撮影を終えた知英は「めっちゃ楽しかった! 初めての関西弁で大変でしたが面白かったです。(舞台となる大阪・鶴橋が)コリアンタウンということで、母国を思い出しましたし、皆さんとても親切に接してくださいました」と撮影を振り返った。

また、関西弁での演技について「細かいニュアンスがちょっと難しかったです。でも、韓国語とイントネーションが似ている気がします。韓国語で話すとケンカしているみたいって言われるんですよ、関西弁と同じですね(笑)」と母国語である韓国語との共通点を語ると、「私が演じるジヒョンはすごく前向きで明るい子なので、ドラマを見てぜひ癒やされてください!」と番組をアピールした。