西武の森友哉が本職の捕手に専念へ 辻発彦新監督が方針を明言

ざっくり言うと

  • 来季4年目を迎える西武の森友哉が今秋から「本職」の捕手に専念する
  • 28日に辻発彦新監が「今後も捕手のみで練習させる」と方針を明確にした
  • 卓越した打力を持つため、今季スタメンも右翼の43試合が最多だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング