26日、中国でアルミバケツを使った万引き犯が話題となっている。

写真拡大

2016年10月26日、中国網によると、中国でアルミバケツを使った万引き犯が話題となっている。

浙江省杭州市のスーパーで18日、万引き犯が逮捕された。大きな旅行バッグを背負った男が売り場をうろうろしていたところ、怪しんだ警備員が声をかけて逮捕された。バッグの中に入っていたのは大きなアルミ製のバケツだ。磁気を利用した万引き防止システムが作動しないように、バケツに入れて持ち出していたという。物理学専門の知人から話を聞いたハイテク万引き術だという。逮捕された時には衣料品7点、高級酒1本が入っていた。

男は今年5月、マカオに旅行したがカジノでぼろ負けしてすっからかんに。借金を返す必要があり、この万引き法を思いついたという。磁気を遮断するというハイテク手法にネットユーザーはびっくり。「ノーベル賞ものだな」などのコメントが寄せられている。(翻訳/編集・増田聡太郎)