27日、車内でのメークを控えるよう呼び掛ける東急電鉄のマナー広告をめぐり日本で賛否両論が巻き起こっていると、韓国・世界日報が日本メディアの報道を引用し伝えた。これに韓国のネットユーザーからも反響が寄せられている。写真は東京の駅。

写真拡大

2016年10月27日、車内でのメークを控えるよう呼び掛ける東急電鉄のマナー広告をめぐり日本で賛否両論が巻き起こっていると、韓国・世界日報が日本メディアの報道を引用し伝えた。これに韓国のネットユーザーからも反響が寄せられている。

日本の報道によると、東急電鉄は先月16日から「わたしの東急線通学日記」と題する啓発ポスターをおおむね全線に掲出している。地方から上京した女子大学生が、東急線を利用しながら乗車マナーに触れていくという内容だ。物議を醸しているのは、シリーズ第2弾の「車内化粧篇」。座席に座りメークをする女性の写真に、「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ。」との文言が添えられている。

東急電鉄は車内での化粧を取り上げたことについて「お客様のご意見などを踏まえて検討」したとしているが、ツイッターなどではこの広告に「どこがマナー違反かよくわからない」「女性への抑圧だ」といった疑問の声が相次いでいるという。一方で、「電車内で化粧する女は無理」など、広告に賛同する意見も多い。

世界日報はこのほか、「車内でのお化粧はご遠慮ください」と記した東京メトロ管内で掲出の広告画像を紹介し、「公共の場所での化粧をめぐって賛否分かれているが、これといった結論は出ていない」と伝えた。

韓国の地下鉄やバスでもメークをする女性はたびたび見掛けるが、韓国のネットユーザーはどう考えているのだろうか。記事には次のようなコメントが寄せられている。

「香りの強い化粧品はやめて。頭が痛くなる」
「簡単なメークなら問題ないと思う。でも巨大な道具を使って本格的にやるのは常識外れ」
「化粧品の臭いが嫌いな人もいるし、粉が飛ぶこともある。他人に迷惑を掛けないように配慮すべきだ。それに揺れる車内でのメークは本人も大変だろう」

「今どきパウダーを飛ばす人なんていないよ。みんなしっとりしたクッションファンデを使ってるから問題ない」
「それよりおじさんたちの口や足の臭いをどうにかして。もう地下鉄に乗らないでほしい」
「地下鉄で臭う食べ物はやめるべきだ。ちょっとした飲み物程度なら何も言わないけど、いくらお腹が空いたからって地下鉄で食事はないよ」

「男性専用車両をつくろうよ」
「車内ではどうせみんなスマホを見てるだけなんだし、気にならないのでは?」
「この程度でどこがみっともないの?こっちは登山で酒盛りする人だっているのに」
「隣の席の人をつついたりしなければ問題なさそうだけど?日本人も変なことにこだわるね」(翻訳・編集/吉金)