「レンタル救世主」に出演が決まった小出恵介/(C)NTV

写真拡大

現在放送中の沢村一樹主演ドラマ「レンタル救世主」(毎週日曜、日本テレビ系)に、小出恵介の出演が決定した。小出が同局の連続ドラマにレギュラー出演するのは「ごくせん(第2シリーズ)」('05年)以来11年ぶり。小出は志田未来演じるラップが得意な救世主・零子の兄、城崎千太郎を演じる。

【写真を見る】小出が登場するのは10月30日(日)放送の第4話。明辺(沢村一樹)の隣人・韮沢(木下隆行)が相談に現れる/(C)NTV

城崎は、レンタル救世主の社長・黒宇(大杉漣)の元勤務先であるIT会社の社長を務め、零子の兄でありながら違う名字を持つ謎の存在。また、姿を現す10月30日(日)放送の第4話では、意外な人物との関係も明らかになる、今後目が離せない人物だ。

小出は「ドラマを見させていただいていましたので、まさか、お呼ばれしてとてもうれしいです。途中からドラマに参加するのはあまり慣れていることではないですが、頑張ります!」とコメントした。

第4話では、明辺(沢村)は隣人の韮沢(木下隆行)から、投資セミナーにのめり込んでいる妻・清美(櫻井淳子)を救ってほしいと依頼される。明辺と零子(志田未来)らは清美を尾行し、ミスワタナベ(千秋)のセミナー会場に潜入。すると清美は幹部として投資詐欺に加担していることが分かる。だが、韮沢は妻を犯罪者にしたくないと依頼を取り下げてしまう。