マライアとジェームズが全く異なる婚約破棄の理由を発表している/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

マライア・キャリー(46)とジェームズ・パッカー(49)の関係が、婚約破棄を巡って泥沼化し始めている。

【写真を見る】破局の原因はどっち!?歌姫マライア・キャリーと大富豪ジェームズ・パッカー/写真:SPLASH/アフロ

マライアが浪費しすぎたため、ジェームズから婚約を破棄されたと報じられ、マライアの広報は、米テレビ番組エンターテイメント・トゥナイトの取材に応じ「マライアとジェームズは、約1か月前にギリシャで大ゲンカし、それ以来顔を合わせていません。ケンカの理由は、浮気疑惑やマライアの浪費が原因ではありません」との声明を発表。

また複数の関係者が「ジェームズは精神的な問題を抱えており、彼の態度はマライアにとって耐えがたいものだった。彼女は、不本意ながら2人の関係を見直さなくてはいけなくなった」と語り、マライアの方から婚約破棄について考えていたと報じられている。しかし、ジェームズの広報はピープル誌に「ジェームズはメンタル面で問題を抱えており、マライアが関係を見直さざるを得なくなったという情報は、事実ではありません」とのコメント。

またジェームズに近しい関係者は「マライアは、なにか自分に不都合なことがあると、事実を歪曲して人のせいにする癖があり、まさに今その状態だ。マライア側は、『今後について、どうするかを話し合っている最中で、結論がでたら正式にコメントする予定だ』と言っているようだが、ジェームズは、マライアとの関係を続けるつもりは全くない」と語っており、双方の意見が真っ向から食い違う事態に。

マライアは1993年にレコード会社重役のトミー・モトーラと結婚し、1998年に離婚。その後ニック・キャノンと再婚し双子を授かるが、2014年に破局しており現在バツ2。ジェームズにも、2度の離婚歴がある。【NY在住/JUNKO】