進化した「モンスターハンター・ザ・リアル」
 - (C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ユニバーサル・クールジャパン 2017」第4弾として、「モンスターハンター・ザ・リアル」が来年1月13日〜6月25日の期間限定で、さらなる進化を遂げてパークに登場することが発表された。

 「ユニバーサル・クールジャパン」は、日本が誇るエンターテインメントブランドの世界観をUSJならではのクオリティーで再現する人気イベント。今回の「モンスターハンター・ザ・リアル」は、幅43メートルもの巨大スクリーンに映し出される「モンスターハンター」のフィールドを舞台に、ゲスト自ら30メートルを超える等身大モンスターを狩れる体感型パノラマシアター・アトラクションになるという。

 また、「モンスターハンター」シリーズ10周年記念特設サイトで行われた「モンハンなんでもランキング」内の「好きなモンスターランキング(古龍種編)」で堂々の1位を獲得した“アマツマガツチ”、新作ゲーム「モンスターハンターダブルクロス」に登場する“バルファルク”が等身大となって初登場。ゲストは自らがモンスターの調査を担う書士隊となって、容赦なく襲い掛かる2体のモンスターに挑む。

 そのほか「ユニバーサル・クールジャパン 2017」では、「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を12月16日〜2017年3月12日、「ゴジラ・ザ・リアル 4-D」「エヴァンゲリオン XRライド」「進撃の巨人・ザ・リアル 4-D 2」を2017年1月13日〜6月25日の期間限定で開催する。「戦国・ザ・リアル at 大坂城」はパーク内ではなく、大阪城西の丸庭園にて行われる。(編集部・中山雄一朗)

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン