インドとパキスタンは27日、カシミール地方の領有権問題で緊張が高まる中、双方の外交官を国外追放するとそれぞれ発表した。

 インドは、ニューデリーを拠点とするパキスタンの外交官を国外追放すると発表。国境沿いでの治安作戦についての機密情報を集めるスパイ網を運営した容疑だという。

 ニューデリーの警察当局によると、パキスタンの同外交官は26日、デリー動物園の入り口の外でインド人2人と会っていたところを拘束された。スパイとして勧誘していたみられるという。

 ニューデリーにあるパキスタンの高等弁務官事務所(大使館に相当)は、この疑惑を否定、「外交上の地位にふさわしくない、いかなる活動にも従事したことはない」と、声明で述べた。

 一方、パキスタンの外務省は同日夜、インドの外交官の一人を「好ましからざる人物(ペルソナ・ノン・グラータ)」として、48時間以内に国外退去するよう命じた。

 外交関係に関する「ウィーン条約や既存の外交規範」に違反したと声明で述べたが、詳細は明らかにしなかった。

 インド首相のある側近は、政府が同件について調査していると語ったが、インド外務省の報道官からのコメントはなかった。

 9月18日にカシミール地方のインド陸軍基地が襲撃を受け、兵士19人が死亡する事件が発生して以来、両国間では緊張が高まっている。インドはこの襲撃について、パキスタンを拠点とする武装集団によるものと非難した。

[ニューデリー/イスラマバード 27日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます