英仏海峡に面した仏北部カレーの難民キャンプの撤去開始から28日で5日目を迎え、数千人の移民らがフランス各地に移る中、移民の子どもたちの処遇を非難する英国に対し、フランス政府が激しく反論した。

 英テレビのITN電子版は、英国のラッド内相がカズヌーブ仏内相に、カレーにとどまる子どもたちを適切に保護する必要性を強調したと伝えた。

 仏政府は27日、カズヌーブ内相とコス住宅・持続可能居住相が「ラッド英内相の発言に驚いた」とした上で、「英国が速やかに責任を果たし、英国への渡航を望んでいる未成年者を受け入れることを望む。それが彼らを保護する最良の方法だ」と述べた。

 難民キャンプの撤去作業が始まって以来、未成年者約1450人が同キャンプ周辺に移ったが、保護者のいない子どもがカレー周辺で路上生活していると報じられていた。

 仏政府によると、英国は274人の子どもを受け入れたという。

 カレー周辺では今週まで、トラックや列車に飛び乗るなどして英国に渡ろうとする数千人の移民らが滞在していた。

[パリ 28日 ロイター]




Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます