「南極カチコチ隊」集合写真 (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

写真拡大

2017年公開の『映画ドラえもん』シリーズ最新作のタイトルが『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』に決定し、フィギュアスケーターの織田信成と浅田舞がスペシャル応援団に就任したことがわかった。

『映画ドラえもん』最新作が興収40億円突破し新シリーズ歴代1位に!

シリーズ37作目となる本作は、ひょんなことから氷漬けになっている不思議なリングを発見したのび太たちが、氷の国・南極を舞台に繰り広げる大冒険を描く。リングが埋まっていた氷を調べると人が住んでいるはずもない10万年前の南極のものとわかり、向かった南極で氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡を発見し…という内容だ。

織田と浅田は“南極”=“アイス”に因んだスペシャル応援団「南極カチコチ隊」に就任し、ダンスのほかゲスト声優としても本作に参加し盛り上げる。ダンスでは映画に登場するキャラクター“パオパオ”をイメージした白い衣装に身を包み、舞台上に作られた本格的なスケートリンクで初競演。

織田は「今回舞ちゃんと一緒に踊りましたが、実はアイスショーなどでも一緒に踊ることがなかったので初めてのコンビなんです! でもパオパオダンス、想像以上に難しく…『アンキパン』が欲しかったです! 覚えるとすごく楽しいダンスなので、いろんな人に踊ってほしいです」とご満悦。

浅田も「今回パオパオダンスを初めて見たとき、細かい動きが多くて覚えるのが大変でした。でも信くんと一緒だったので楽しく踊れましたし、スケートリンクのセットだったので『氷上だ!』と思い、安心して伸び伸び踊れました」と振り返った。

2人が披露するパオパオダンスは、アニメ『ドラえもん』のエンディングで10月28日より放送予定。さらに、ゲスト声優では声優初挑戦で2人は劇中にたくさん登場する“パオパオ”の内のそれぞれ1匹ずつを担当する。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は2017年3月4日より全国公開となる。