写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは10月28日、セキュリティ監視サービス事業の拡大に向けて、同社グループのセキュリティ専門企業であるインフォセックの子会社としてオーストリアに新会社を設立し、運用を開始すると発表した。

新会社の社名はInfosec Austria、オーストリアのウィーン市にオフィスを構える。これまで、NECは自社およびインフォセックのセキュリティ専門要員が顧客のネットワークや、Webサイトを24時間365日体制で監視するセキュリティ監視サービスを提供しており、サイバー攻撃対策の導入・運用を支援する中核拠点「サイバーセキュリティ・ファクトリー」において集中的に監視を行っていた。

今後、顧客数拡大への対応およびサービス品質を維持していくため、日本に加え、欧州と米国の計3拠点で、時差を利用して各々が日中の時間帯に業務を行う24時間監視体制(Follow the Sun)の構築を計画している。

一環としてオーストリアに新拠点を設立し、今後は米国においても新拠点の設立を予定している。また、欧州でのセキュリティ監視サービスの提供やNECのセキュリティ関連製品の拡販を目指し、現地パートナー企業の開拓やマーケティング活動を行う方針だ。

(岩井 健太)