中国では2020年に失能老人(自分で身の回りの世話ができない高齢者)は4200万人、80歳以上の高齢者は2900万人に達すると見込まれる。

写真拡大

「2016年(第1回)北京・天津・河北養老フォーラム」が26日、開催された。全国老齢工作委員会弁公室(老齢弁)政策研究部の李志宏・副主任はフォーラムの席上、「試算の結果、4年後の2020年には、失能老人(自分で身の回りの世話ができない高齢者)は4200万人、80歳以上の高齢者は2900万人に達すると見込まれる」と明らかにした。新華社が伝えた。

李副主任は「中国の高齢化プロセスは日増しに加速し、深刻化している。これに伴い、要介護・高齢・空巣(子どもが巣立った後に残された高齢者)・独居など、高齢者福祉サービスの重点対象となる人々が激増している」とした。

また、「失能老人は今後も増え続け、2020年に4200万人、2030年に6168万人、2050年には9750人に達する見込み。80歳以上の高齢者も、2020年に2900万人、2030年に4300万人、2050年には1億800万人と増加の一途をたどると予想される。空巣・独居高齢者は、2020年に1億1800万人、2030年に1億8千万人、2050年には2億6200万人と、こちらも確実に増え続けるとみられる」と指摘。

さらに、「スマート社会の到来でスマート科学技術と社会高齢者福祉サービスが融合し、好ましい方向に発展していくにつれて、社会高齢者福祉サービスのスマート化は、中国における人口高齢化の急速発展の背景のもと、高齢者福祉サービスをめぐる情報の不整合、需給構造のアンバランス、労働密集型高齢者福祉サービスの行き詰まりなどの諸問題を解決するための重要な選択肢となりつつある」とした。(提供/人民網日本語版・編集/KM)