淫らな気持ちで見ちゃダメ! 学術的番組で定評のあるナショナルジオグラフィックチャンネルが送る『セックスの秘密』

写真拡大

普段見ることのできない世界を覗いてみたいという願望は誰にでもあるものだが、ドキュメンタリーはその思いを存分に満たしてくれる最強ツールだ。特に海外のドキュメンタリーは、日本の作品とは切り口も大きく違うため、興味深いと感じる人も多いだろう。そこで、10月19〜25日のHulu週間ランキングから、現在人気の海外ドキュメンタリーをピックアップ。

『仮面ライダーW』の飛鳥凛が初脱ぎ!

まずは、10月10日に配信が開始されて以降、海外ドキュメンタリー部門で2週続けてトップに輝いている『セックスの秘密』。おそらく、このタイトルにそそられない人はいないだろう。しかし、内容としてはナショナルジオグラフィックチャンネルが制作したとても真面目な番組で、過去50年でセックスがどのようにして政治やカルチャー、そして科学と関連してきたのかをひも解いていくというもの。

出会い系サイトにも最新テクノロジーが利用されている状況を解説。中には、美男美女お断りの「ブサイク専用出会い系サイト」などもあり驚かされる。また非科学的なこときわまりない、「立ちながらすれば妊娠しない」「炭酸飲料を飲んでからすれば妊娠しない」など、アメリカで問題になっているティーンエイジャーのトンデモ避妊法も紹介され、性教育の必要性を痛感する保護者もいるのでは? どれもこれも“痴的好奇心”を誘う内容だが、35日間の限定配信ということもあるので、気になる人は早めに閲覧した方がよさそうだ。

続いて第2位になったのは、ヒストリーチャンネルの『未確認モンスターを追え!』。ネッシーやビックフットが代表するような未確認動物は、いつの時代も人々の好奇心を刺激する存在であることに変わりはないようだ。本シリーズでは、科学とテクノロジーによってその謎に迫っており、思わず胸を躍らせてしまう視聴者が多いのもうなずける。

その他、飛行機事故の裏側や未開拓の地に暮らす人たちの生活を取り上げた番組も話題となっているようだが、現在世界中の注目を集めているのは、無期限の撮影休止状態に陥ってしまった『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』。番組の中心人物でもあるキム・カーダシアンが今月3日に滞在中のパリで強盗被害に遭い、なんと10億円以上もの金品を強奪されたことが大きく報じられたが、この事件が今後のカーダシアン一家にも大きな影響を与えることは間違いないだろう。

このように、新たな知識を得ることができる数々のドキュメンタリー作品。人との会話に困ったときには、ちょっとした話のネタとしても活用することができるので、まずは自分の興味のある分野から視聴を開始してみるのがオススメだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 10月19〜25日の週間ランキング/海外ドキュメンタリー】
1位『セックスの秘密』
2位『未確認モンスターを追え!』
3位『メーデー!:航空機事故の真実と真相』
4位『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』
5位『アウトロー・アイランド 〜隔絶された町』
6位『アラスカの最強メカニック』
7位『バ科学』
8位『一攫千金!巨大マグロ漁』
9位『マイグレーション 〜選ばれし冒険者』
10位『カー・SOS 蘇れ! 思い出の名車』