「NERVE ナーヴ 世界で一番
危険なゲーム」は来年1月6日公開 (C)2016 LIONSGATE ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 究極の度胸試しゲームを描いた「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」が、2017年1月6日から全国公開されることが決定。ティーザーポスタービジュアルと特報映像を、映画.comが独占入手した。

 一夜にしてネットセレブになれる中毒性をちりばめた青春スリラー。視聴者からの“指令”に挑戦する姿がインターネット上で中継され、クリアしたら賞金がもらえるゲーム“ナーヴ”にハマる主人公を、エマ・ロバーツ(「アメリカン・ホラー・ストーリー」)とデイブ・フランコ(「グランド・イリュージョン」シリーズ)が演じる。

 親友のおせっかいにいらだち、裏オンラインゲーム“ナーヴ”に参戦した女子高生のヴィー(ロバーツ)は、「見知らぬ人に5秒間キス」という指令をクリアし100ドルを獲得。キスの相手イアン(フランコ)もゲームの参加者だったことから、2人はコンビを組んで次々とミッションをこなし、瞬く間に多額の賞金を稼ぐ。人気プレイヤーの仲間入りを果たしたヴィーだったが、引っ込み思案な自分を変えてくれるはずのゲームは、次第にエスカレートしていき……。

 このほど公開された特報映像では、「目隠しで時速96マイル(時速155キロメートル)」という危険なミッションをフィーチャー。ヴィーと目隠ししたイアンがバイクでニューヨークの街中を駆け抜ける、アドレナリン全開のシークエンスが展開される。

 メガホンをとったのは、「パラノーマル・アクティビティ3」のヘンリー・ジュースト&アリエル・シュルマン。ドキュメンタリー映画「CATFISH(原題)」でSNSの発展で生じた匿名社会の実態に迫った監督コンビが、今作では現代のネット社会で知らぬ間に危険な罠におちていく若者たちをスリリングに描き出した。