哀川翔 母親に代わりわずか5歳で父の検視に立ち会っていた

写真拡大

27日放送の「ファミリーヒストリー」(NHK総合)で、哀川翔がわずか5歳で父親の検視に立ち会っていたことが明かされた。

この番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる趣旨だ。今回はゲストに哀川(本名・福地家宏)を迎え、彼の先祖である佐賀鍋島藩の武将までルーツを遡った。

哀川の父親・福地家興(いえおき)は海上自衛隊のパイロットだった。そんな父親が事故に巻き込まれてしまう。1967年、哨戒機の機長であった家興は合同訓練を終え、徳島基地に帰隊途中で空中衝突に巻き込まれてしまう。テレビの速報でも父親の名前が流れたらしく、新聞には「乗組員全員が絶望」だと報じられていた。

このとき、母親の幸子は3人目の出産を控えており、実家がある鹿児島に身を寄せていた。出産間近だったため、徳島に駆けつけることができず、代わりに当時5歳の哀川がひとり父親の元へ行くことになる。出発前、哀川は「パパは泳ぎが上手いから、きっと泳いで帰ってくるよ」と母親に言ってのけたそうだ。

事故発生から6日目、遺体が収容されると、哀川は身元確認のための隊員とともに検視に立ち会う。検視を終えた哀川は、電話で「ママ、間違いなくパパだった」と、自らの言葉で父親の死を伝えたとのこと。父親の死から11日後、母親は次男を無事出産し、父親の名前を取って、正興と名付けたそうだ。

映像でこの当時を振り返った哀川は、当時5歳目にしたテレビニュースを今でも覚えているようで「何が起きているか分からなかったが、父親の顔写真が出た記憶はある」と振り返った。父親はまだ37歳であり、「短命だったとか、長生きしたということよりも、生きてる間に、どういう思いをして生きてきたかということが大事」だと神妙に語っていた。

【関連記事】
哀川翔が雑誌記者をしていた過去 ペンネームは「ショウ・ロンリーリバー」
哀川翔が商店街のピンチを救う 飼育のカブトムシ500匹を寄贈
小倉智昭氏に吃音症の過去 少年時代の願いごとは「ちゃんと話せますように」