写真提供:マイナビニュース

写真拡大

都内・秋葉原にて23日、平和が運営するタイトル「戦国乙女」のファン感謝祭が開催され、会場では戦国乙女に扮した総勢17名のコスプレイヤーたちが登場した。

「戦国乙女」は、戦国武将をモチーフにした美女キャラクターたちが登場するパチンコ機種「CR戦国乙女」のほか、本作をベースにしたコミカライズ、スマホゲームアプリ、アニメ化などさまざまなメディアで展開されてきた。今年は4月に開催された「ニコニコ超会議2016」でも「戦国乙女 超感謝祭@ニコニコ超会議2016」を実施するなど、積極的なプロモーションを行っている。秋葉原の感謝祭では新機種「CR戦国乙女〜花〜」も発表され、試打コーナーも設けられた。

イベント当日はメインステージのほか、サブステージにて織田ノブナガなどのキャラクターのコスチュームに身を包んだ美女コスプレイヤーたちの撮影会を開催。多くのファンが詰めかけ、撮影を行っていた。