26日、日本の女性が68歳の誕生日を迎えたおばあちゃんのため、バースデーケーキに年齢分の数のろうそくを挿して祝った時の衝撃的な写真が、中国でも話題となっている。イメージ写真。

写真拡大

2016年10月26日、法制晩報によると、日本の女性が68歳の誕生日を迎えたおばあちゃんのため、バースデーケーキに年齢分の数のろうそくを挿して祝った時の衝撃的な写真が、中国でも話題となっている。

68本ものろうそくに灯がともっている様子は「もはや火事」。しかし、おばあちゃんが落ち着いた表情のままフーッと息で火を消している画像に、中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。

「すごい肺活量だ!」
「完全に燃えてる」
「まるで火焔山のようだな」

「やばい、超笑える」
「吹けよ吹け〜、私の傲慢さもわがままさも〜」(※『野子』という歌詞から)
「そうして修行し、おばあちゃんは特別な力を手に入れたのであった」
「みんな知らないだろうが、これが最新の食べ方だ」
「気をつけて挿さないと、ろうそくでケーキが壊れてしまうな」

「おばあちゃん『このケーキはちょっと熱いねぇ』」
「おばあちゃん『このろうそくの数がどうしたって?大したことないでしょう?』」
「おばあちゃん『火遁豪火球の術!』」(※漫画「NARUTO」に登場する忍術)
「おばあちゃん『ずいぶん年をとったものだけど、人生初のケーキを焼いてみようかしら』」
「おばあちゃん『あたしは火を吹けるって言ったろう。これで信じたかい?』」(翻訳・編集/岡田)