免許取得のガガに、父感激!(出典:https://www.instagram.com/ladygaga)

写真拡大

このほど、歌手レディー・ガガが人気TV番組に登場。ようやく運転免許証を取得した日を振り返り、「パパったら、感動のあまり泣いちゃったのよ」と明かした。現在30歳のガガは大変なパパっ子だというが、そんな娘が可愛くてしかたのない父親はガガ、そして家族全員を引き連れ免許証交付所にまで足を運ぶ興奮ぶりだったという。そんなガガと父は、なんとお揃いのネームタトゥーまで彫り込んでいる。2人が体に刻み込んだ“ある名前”とは…? 

『The Late Late Show with James Corden』の人気コーナー「Carpool Karaoke」に、レディー・ガガが登場、そこでガガは運転免許を取得した日につき、こう語った。

「いや、あれは恥ずかしかったわ。家族全員が免許証交付所までついて来ちゃったから。」
「それにパパときたら、私が免許証をもらったとたんに泣いちゃったのよ。私はこう言ったわ、『パパ、私はもう30歳なのよ!』って。でもパパはこう言っていたわ。『ああ、パパはお前のことがとても誇らしいよ』って。」

ちなみにガガにとって父以上の男性はいないらしく、過去にはこのように父への思いを語っていた。

「パパを愛しているの。私の全てよ。いつの日か、パパのように私を大事にしてくれる男性を見つけたいと思っているわ。」

そんな仲良し親子は先日、ガガのニューアルバム『Joanne』のリリースを記念し「Joanne」という文字をタトゥーにして体に刻み込んだばかり。「Joanne」とはガガにとってオバにあたる人物の名で、父にとっても大切な人だったそうだ。しかし彼女はわずか19歳にして死去。これに大きなショックを受けた父は、その後誕生した娘ガガに「Stefani Joanne Angelina Germanotta」と名付けたのだ。父は「Joanne」という名のほか、肩に天使のデザインも彫り入れたという。

出典:https://www.instagram.com/ladygaga
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)