首位と1差2位の好位置で決勝ラウンドへと進んだ片山晋呉(撮影:秋田義和)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップ 2日目◇28日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)> 
 国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」の2日目。全選手がホールアウトし、トータル10アンダーまで伸ばしたチョ・ビョンミン(韓国)が単独首位で決勝ラウンドへ駒を進めた。
白熱する賞金レース!国内男子ツアーをフォトギャラリーで
 
 1打差2位に片山晋呉、3打差3位タイに小田龍一、小池一平、小林伸太郎がつけている。
 賞金ランク首位の池田勇太は4ストローク伸ばし、トータル4アンダー11位タイまで浮上。また、14歳のアマチュア・三田真弘はこの日“80”とスコアを落とし、トータル10オーバー91位で決勝ラウンド進出はならなかった。
【2日目の順位】
1位:チョ・ビョンミン(-10)
2位:片山晋呉(-9)
3位T:小池一平(-7)
3位T:小田龍一(-7)
3位T:小林伸太郎(-7)
6位T:小田孔明(-6)
7位T:片岡大育(-5)
7位T:香妻陣一朗(-5)
7位T:井上信(-5)
7位T:チェ・ホソン(-5)
11位T:池田勇太(-4)他
91位:三田真弘(+10)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼特別インタビュー#3】選手目線で見た良いセッティングとは
年に一度のギア&パーツの祭典!第8回ゴルフショップマジック大試打会
ティショットがチョロでも即挽回できる!? と話題の『Gクロスオーバー』を調査