警察提供

写真拡大

(新北 28日 中央社)淡海ライトレール(軽軌、LRT)の建設が進められている台北メトロ(MRT)淡水線紅樹林駅(新北市)近くの工事現場で28日午前10時半ごろ、クレーン車が横転し、道路をふさいだ。けが人はなかった。

新北市政府捷運工程局によると、横転車両はすでに移動されたが原因はまだ分かっていないという。同線の工事現場では12日、固定されていなかった高架橋の梁が落下、クレーン車の運転手1人が負傷する事故が発生したばかり。同市の朱立倫市長は当時、「絶対に再発させてはならない」と語っていた。

淡海ライトレールは台北MRT淡水線紅樹林駅から淡海ニュータウン、漁人埠頭などを結ぶ。現在は9.55キロの先行区間で工事が進められている。完成は2018年末の見通し。

(王鴻国、黄旭昇、王朝ギョク/編集:杉野浩司)