東京国際映画祭のアドバイザー・
安藤紘平氏と共に

写真拡大

 宮沢りえ、オダギリジョー、杉咲花が銭湯を営む家族に扮した「湯を沸かすほどの熱い愛」が10月27日、開催中の第29回東京国際映画祭のJapan Now部門で上映され、本作で商業映画デビューを果たした中野量太監督がTOHOシネマズ六本木ヒルズでのティーチインに臨んだ。

 ある町の銭湯「幸の湯」は、店主の一浩(オダギリ)が失踪して以来、休業状態が続いていた。女将の双葉(宮沢)はパートで生活費を稼ぎ、娘の安澄(杉咲)を育てていたが、末期がんで残り2カ月の命と宣告されてしまう。双葉は人生の残り時間で家族をまとめようと、夫の一浩を連れ戻して銭湯を再開させ、学校でいじめを受けている安澄の自立を促していく。

 “衝撃のラスト”が話題の本作だが、鑑賞後の観客の前に立った中野監督は「僕が映画学校にいたときの卒業制作が、同じラストなんです。今回商業映画デビューということで、最も僕らしい映画を撮りたいと思った。初心に戻りつつ、絶対説得力のあるラストにしようと決めていました」と熱い思いを吐露。「1歩間違ったらどうしようもないラストになると思うんです。あれ(ラストシーン)を成立させるために、丁寧に丁寧に描きました」と胸を張り、Japan Now部門のプログラミング・アドバイザー、安藤紘平氏から「何回見たらすべてわかりますか?」と問われると「6回は見てください!」と力強く語った。

 宮沢、オダギリ、杉咲に加え、松坂桃李がキーキャラクターとなるヒッチハイカー・拓海役で出演している。観客からは「松坂さん目的で見ようとしたのに、物語に引き込まれ過ぎて松坂さんに集中できなかった」と愛あるクレームも。中野監督は「『僕にも拓海みたいな陰ってあるんです』と松坂さんが言っていたんです。だから、あまり役作りをせずに自分の中にあるもので演じてくれたのかなと思いました」と松坂とのエピソードを明かした。

 また、双葉のキャラクターについて「よく『あなたのお母さんがモデルですか?』と聞かれるんです。母をモデルにしたわけではないですが、僕自身、双葉のような強い母に女手1つで育てられました。自分の中にあるもので映画を作りたいといつも思っていますし、そんな母に育てられた僕が土台なのでああいう母親像が生まれたんだと思います」と自身の生い立ちを絡めて語った。

 「湯を沸かすほどの熱い愛」は、10月29日から全国公開。第29回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。