配信の仕組み

写真拡大 (全2枚)

モバイル製品ブランド「Galaxy」は、ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」とそれに対応するスマートフォン「Galaxy S7 edge」、「Galaxy S6 edge」、「Galaxy S6」の所有者を対象に、2016年10月26日に開催された音楽アワード「MTV VMJ 2016」を360°映像のVR(バーチャルリアリティ)形式でライブ配信した。

より進化した「Galaxy Gear VR」の発売も同日決まる

同時に、新型ヘッドマウントディスプレイ「Galaxy Gear VR」の発売も発表され、一足早く記者がこの日の授賞式の中継を見てみた。まずは、レンズの視野角が96°から101°に拡大したことで日常の見えている範囲と遜色なく感じた。また、スポンジの仕様が変わったということで、装着時・装着中の違和感はとくに無く、メガネをつけていても問題なく装着できた。

さらに、内部色が白から黒になることで光の反射が少なくなり、より没入感が向上。USBポートの採用でデータ受信(コントローラーの接続や、コンテンツのダウンロードなど)が可能となったほか、スマホとVRの距離を離したことで、ドットの荒さが軽減した。

新型の「Galaxy Gear VR」を使って、「MTV VMJ 2016」を視聴した男女に感想を聞くと、

「実際にライブ会場にいるみたい」
「表情までクリアに見える」

と驚きの声を漏らしていた。

16年11月3日より予約を開始し、11月10日から全国の家電量販店、主要ECサイト等にて販売を開始する。