26日、アクションスターのジェット・リーが、ネット上で流れる「半身不随になった」とのうわさをユーモアを交えて否定した。

写真拡大

2016年10月26日、アクションスターのジェット・リー(李連杰)が、ネット上で流れる「半身不随になった」とのうわさをユーモアを交えて否定した。網易が伝えた。

【その他の写真】

26日、安徽衛星テレビの広告枠の入札募集を行うための発表会が行われ、新番組「功夫英雄」(または「誰是下一個功夫英雄」)をプロデュースするジェット・リーが出席。「功夫英雄」は、次世代のカンフースターを見つけるためのオーディション番組。世界規模で参加者を募集し、2017年度の下半期に週末のゴールデンタイムに投入される予定だ。

ジェット・リーは約10年前から、俳優業よりもチャリティー活動に注力。さらに13年には甲状腺機能亢進(こうしん)症の闘病生活により、激しいアクションを演じられないことを明かすなど、長らくアクション映画から離れている。

これが原因で、ネット上に登場した「半身不随」のうわさについて、ジェット・リーは避けることなくコメント。この日が広告枠のPRだったことに関連して、「車いすのCMに出演してるわけじゃないのに、半身不随になったと言われるのはおかしいでしょ?」と、ユーモアを交えて笑顔で語っている。(翻訳・編集/Mathilda)