<WGC-HSBCチャンピオンズ 2日目◇28日◇シェーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」の2日目。この日7つスコアを伸ばした松山英樹がトータル13アンダー単独首位でフィニッシュした。ホールアウト時点で2位に3打差をつけている。
日本勢が優勝争い!松山英樹、岩田寛の躍進を写真で見る
 前半で2ストローク伸ばした松山は、後半は10番から3連続バーディを奪うと、14番と最終18番パー5でもバーディを奪って、2日目の競技を終えた。WGC初制覇を果たせば、日本人初の快挙となる。
 1オーバーからスタートした谷原秀人はこの日も1つスコアを落とし、トータル2オーバーでホールアウトしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>