写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ボールの軌跡を可視化
デジタルコンテンツ技術をテーマとした国際イベント「デジタルコンテンツ EXPO 2016」が日本科学未来館で開催中だ。10月27日〜30日まで行われており、日本科学未来館の入館料は不要で、入場無料で参加できる。

今年はVR元年と呼ばれるようにVRに注目が集まっていたが、それ以外にも気になる技術が多く展示されていた。すでにテスト利用が始まっている等「明日にでも使えそうな技術」で気になるものをまとめてみた。

○16x16の256分割画面でも字幕が読める。そう、8Kディスプレイならね。

NHKとMIT Media Labが展示していたのは「8K Time into Space」。テレビがデジタル化しだした頃に「全チャネルを一画面に表示してチャンネル選び」という機能があったが、8K表示がPCで可能になったという事で展示されたのがこれだ。

デモは1時間の番組を256分割し、それぞれのコマがすべて動いているので気になるシーンを見つけやすい、というもの。8kの解像度があるので256分割されていても、一コマは480x270とそれなりの解像度があり、内容を把握できるという。

パソコンを使って8k表示を実現するために、4k出力を4本束ねて転送している。このためにはデジタルサイネージ系で使われている同期機能が必須となり、NVIDIAだとGeForceではダメでQuadroが必要となる。8kディスプレイの加えてPC用の汎用GPUが使えないという価格が現在の難点だろう。

ちなみに2kディスプレイでもできるということで、こちらはドライブレコーダーの画像を例に展示していた。

○複数のカメラでボールを追い、軌跡や速度を計算

NHK(日本放送協会)は複数のカメラから色のついた球体の軌跡と速度を算出する「3次元リアルタイム物体追跡」のデモを行っていた。複数のカメラで撮影し軌跡や速度を自動的に算出するというもので、デモは3台のカメラと3つのボールを追い、ボール番号と軌跡をリアルタイム表示していた。

また、オフラインでの例として、バレーボールのボール速度やジャンプの高さを表示しているビデオを見せていた。スポーツ中継でのプレイバック映像での利用や、スポーツ選手の育成用としての応用が検討されているという。

○2台のカメラで球を追い、軌跡や速度を表示。球に限らず人も追跡可能

コンセプトとデータスタジアムは「Qoncept 4D Tracker」を卓球台を用意してデモを行っていた。こちらもカメラから球の速度を算出するもので、この卓球の場合はどのような軌跡で球が飛んだか、どこに落ちたかという表示やプレイ後のラリーマップ、着地のヒートマップ表示が可能となっていた。

卓球台や球には一切の手を加える事なく、カメラさえあれば対応できるというのがミソだろう。すでにバレーボールでは中継に実用化されており、速度を表示しているという。野球のように軌跡がほぼ一定の場合はスピードガンが使用できるが、バレーのような位置が特定できない競技でも利用できるのは面白い。

また、参考としてオフライン解析のビデオ例を見せてもらったが、トラック競技での選手の動きをトラッキングして位置と速度を表示していた。パン/チルト/ズームを行っている画像でも対処できるそうだ。

●「音」をユニバーサルデザインに
○音のユニバーサルデザイン化を支援

ヤマハは「おもてなしガイド」を展示。すでにアプリはストアから入手できるほか、各所で実証実験を行っている。対応施設でのアナウンス音声を自動的に拾い各国語で表示するもので、日本語表示で聴覚障害に対応したり、各国語への翻訳でインバウンド対応もできたりと、これからの応用が広がりそうだ。

このため、公共交通機関や商用施設での応用が行われているが、ちょっと変わった利用ではテーマパークでの利用がある。「どこかで聞いたことがある曲が聞こえる」と思ったらサンリオピューロランドで行われているショーでも利用が行われているそうだ。このショーの場合、ステージ脇にも字幕画面があるが、必ずしも字幕画面のそばに座れるわけではないし、対応言語が多くなれば、字幕だらけで読みにくいデメリットも出てくるかもしれない。このシステムではセリフや歌の翻訳が、スマホに表示される仕組みとなっている。

字幕という観点ではショーの進行に合わせて字幕を表示するEvixarの「Another Track」も展示されていた。こちらはあらかじめ指定されたイベント(字幕、画像等)を「すかし音」をキーに表示する。すかし音は音響特性の悪い屋外やホールでも問題なく表示できるという。ライブイベントにスマホを持ち込むという事をむしろ積極的にとらえて、たとえば「スマホ画面にサイリウムを出して演出の一部にしてしまおう」という試みも行われたという。

○スクリーン1ドット単位で情報の埋め込みが可能な可視光通信など

東京大学の苗村研究室では「人々が集う場における情報メディアの未来〜JST CREST多人数調和型情報展示技術プロジェクト 最終成果報告会〜」としていくつかの展示を行っていた。

会場にたまに「そうなんだー」という音が響いていて何かと思ったのはその一つで、アイディアメモを置くと、紙の周囲にあるコードを読み取り自動的に置いた時刻を表示。最新のアイディアに共感した場合、ボタンを押すと赤くスコアが追加される仕組みとなっている。

グループワーキングではアイディアを褒めることで全体の効率を上げる事が出来るが、日本人はシャイでなかなか褒めないため、これを改善するための方法として考案したという。なお、紙の周囲にコードを埋め込んだのは周囲がメモに書き込まれる率が低いのと、多少重なっても読み取れる機能を重視したためだという。

また、下から照らすプロジェクターに仕掛けを施して「その気になれば1ピクセル単位で情報が埋め込める」可視光通信のデモも行われていた。スマホに受光素子を組み込んでおり、デモは今回の展示ブースに合わせる事で紹介ビデオが流れるようになっていた。

現実的には受光素子の大きさがあるので1ピクセル単位というわけにはいかないようだが、位置情報ならば上下左右の影響を受けにくいエンコードを使う事でかなりの精度が実現できるという。

○デジタルコンテンツEXPO

開催期間:10月27日〜30日 開場時間:10:00〜17:00 会場:日本科学未来館 入場料:無料(未来館への入園料は不要)

(小林哲雄)