26日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の海上軍事力はアジア一だとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は海上自衛隊。

写真拡大

2016年10月26日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の海上軍事力はアジア一だとする記事を掲載した。

記事は、日本は島国という環境ゆえに海上輸送路を断たれることは致命的であり、そのため海上の軍事力を重視していると指摘。日本は対潜能力、機雷除去能力、通常動力潜水艦の3つの分野で世界一だという英国軍事誌の評価や、日本の海上軍事力はアジア一だという米メディアの評価を紹介した。

しかし記事によれば、中国の海軍力も急速な進歩を遂げているという。中国版イージス艦や原子力潜水艦、空母を有しており、日中間で戦争になれば海上でも日本に壊滅的な被害を与えられると主張した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人は言ったことは必ずやり遂げるからなあ」
「日本の軍事力は決して甘く見てはならない」

「中国は張子の虎だからなあ」
「日本ばかりに注目すべきではない。本当のライバルは米国だ」

「本当のことを言えば、日本の海上戦力は中国に質で勝っている。でも総合力でいえば中国が上だ」
「日本がアジア一ならば、なぜ米国の足にしがみつき続けているのだ?」

「でも今の中国は海軍力を使わずとも日本を攻撃できることを忘れるべきではない」
「米国が世界一で日本がアジア一。ならばどこから中国脅威論が出てくるんだ?」(翻訳・編集/山中)