2PM、3年半ぶりの東京ドーム2DAYSで10万人を動員…“6人で帰ってきたら、また笑顔で会いましょう”

写真拡大 (全7枚)

2PMが10月26日、27日にグループ2度目、3年6ヶ月ぶりの東京ドーム公演「THE 2PM in TOKYO DOME」を2日間に渡り開催し、10万人を動員した。

客電が落とされると、2010年12月に両国国技館で行われた日本初のショーケースの映像が映し出され、これまで行ったすべての日本ツアーのダイジェスト映像がスタート。

映像が終了するとともに、100人を超えるダンサーがステージに登場し、2PMのヒットシングルの振り付けを次々とパフォーマンス。圧巻のオープニングが終わると幕が振り落とされ、巨大なステージの天井から2PMの6人がフライングで「降臨」すると、5万人の観客は絶叫。

1曲目からグループの代表曲「Heartbeat」を披露すると、立て続けに「I'm your man」「GIVE ME LOVE」とヒット曲を連発し観客の熱狂に応えた。2PMならではの激しいダンスパフォーマンスを盛り上げる巨大なLED画面は、自由自在にその形を変え、そのたびに観客から驚きの声が漏れる。

最初のMCでは、メンバーのジュノが「いよいよこの日がやってきました! 今日はスペシャルな東京ドーム公演最終日です!」と挨拶すると、各メンバーカラーに彩られたペンライトが大きく会場をゆらす。

その後、続々と日韓ヒット曲、まさに「THE 2PM」なセットリストで息つく暇なくパフォーマンスを続け、観客もメンバーも全力でこの特別な時間を過ごしていた。

本編ラストは日本デビュー曲「Take off」を披露し、アンコールではJun. Kがプロデュースした「離れていても」を5万人の観客とともに歌唱。会場は、メンバーカラーのサイリウムが点灯され、東京ドームに6色の虹が現れる。

テギョンは「今日は、泣きません。また帰ってきたら、この場所でこの笑顔で逢いましょう!」と涙をこらえ、最高の笑顔を見せた。

2PMは、今回の東京ドーム2日間公演で、ひとまず6人の日本でのコンサートはお休みとなる。5万人の客席は、涙に包まれ最後の時間を終えた。

■関連サイト
オフィシャルサイト:http://www.2pmjapan.com/