木になった男性(30)が逮捕される

写真拡大

もうすぐハロウィンがやって来るが、人と似たような仮装はイヤだけど、なんのコスチュームを着てよいのか分からないという人に、とっておきのアイディアがある。

なんでも、全身を枝と葉で覆い ‟木” に扮した男性が、逮捕される珍事が発生したというのだ。見ようによっては、緑色になったポンキッキのムックを連想させる木に仮装すれば、フレッシュな緑の香りを振りまけるうえ、人とは違ったコスチュームで注目を集めることができそうである!

・‟木” になった男性が逮捕される!

米メイン州ポートランドで、木に扮した30歳の男性、アッシャー・ウッドワースが道の真ん中に立ち尽くし、交通の流れを乱した罪で逮捕された。

彼は、ひもを取り付けたフサフサの木の枝を全身にまとい、その姿は緑色になったムック、もしくは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』に登場する、大木のような種族エントを彷彿とさせる。

・「人に及ぼす影響を知りたかった」との理由

最初、木に化けたウッドワースの周りに群がり、写真を撮っている人々を見て、警察はアート・プロジェクトか何かだと思ったとのこと。

ところが、“芸術の秋” とは全く関係なく、ウッドワースは、木に扮して道の真ん中に立ったら、人々の行動にどのような影響を及ぼすか知りたかったからだ、と警察の事情聴取に答えている。

彼は、メディアのインタビューを受けることを拒否しているが、目撃者の話によれば、彼は道に立って交通パターンを観察していたそうだ。

・警告を無視したため、お縄を頂戴することに!

当初、警察は彼を逮捕するつもりはなく、警告を与えただけだったが、それでもウッドワースが道に立ち続けたため、お縄を頂戴してしまったという訳だ。

かなり、妙な理由で逮捕されてしまったウッドワースだが、そんな彼に、ネット民は「ウッド(木)ワースが、いかにもヤラかしそうなコトだな」といった、冷やかしのコメントを寄せている。

人々の反応を観察するだけなら、別に木ではなくても良かったはずだが、なぜ ‟木” である必要があったのかは不明だそうだ。

参照元:Twitter @TVTEDDY、The Telegraph(英語)
執筆:Nekolas

関連ツイートはこちら