SMイ・スマン代表「SMエンターテインメントで世界を変えたい」

写真拡大

SMエンターテインメントのイ・スマン総括プロデューサーが韓国人では初めてアジア・ソサイエティに選ばれた。

28日、SMエンターテインメント側は「27日(アメリカ時間)、アメリカのニューヨークのUnited Nationsで開かれた授賞式に招待され、出席した。韓国の大衆文化を世界に知らせ、韓流で世界文化産業の地形を変えた功労が認められ、受賞した」と明かした。

イ・スマン総括プロデューサーは先月13日“アジア・ソサイエティ”で発表した「2016 アジア・ゲーム・チェインジャー・アワード(2016 Asia Game Changer Awards)」受賞者リストに韓国人では初めて名前をあげた。

アジア・ソサイエティは、アメリカの事業家で慈善家のジョン・D・ロックフェラー3世 (John. D. Rockefeller 3rd) が1956年、アジアに対する理解増進を目的に設立した。アジア・ソサイエティのグローバルネットワークメンバー自ら受賞者を選ぶ「アジア・ゲーム・チェンジャー・アワード」は政治、経済、文化、芸術、社会、教育などの分野で寄与したGame Changer(先駆者的革新家) に受賞する。

アジア・ソサイエティ側はイ・スマンプロデューサーに対して「本日K-POPが世界的なセンセーションになり、年間数兆ウォン(数千億円) の市場を形成するようになったのは、ミュージック・ゲーム・チェンジャーことイ・スマンがいたためだ。みんな彼に感謝すべきだ。彼はたくさんの韓国ポップスターを世界に知らせ、K-POPブームに火をつけた。世界で爆発的な人気を得ている韓国文化の裏には彼がいる」と紹介した。

イ・スマンSM総括プロデューサーは「1980年代、アメリカ留学に行ってきた後、僕は韓国に帰り、SMエンターテインメントを設立しながら、韓国文化が世界市場へ進んでいき、世界文化産業をリードするようにするという夢を見た。そして今、韓国文化、SMの音楽とセレブリティたちはグローバル的に驚異的な現象になった」と話した。

また「僕の未来は新しい未来になり、僕は私たちみんな夢を見て、世界を変化させたことをとても誇りに思います。技術と文化が世の中を変え、人々の暮らしに喜びを与えるように、僕とSMエンターテインメントは急変する技術の未来、特にロボットとAIの時代になる未来にも、世界のすべてのエンターテインメントコンテンツとセレブリティを通して幸せを届け、世の中を変えられるよう努力する。わたし、そしてSMエンターテインメントと共にさらなるゲーム・チェンジャー(Game Changer) たちが世の中を変化させることを心から希望する」と受賞の感想を明かした。