写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに10月27日(米国時間)に掲載された記事「Top 30 Countries With Highest IPv6 Adoption」が、Akamai Technologiesが公表したデータをベースとした国別のIPv6普及率を示した。IPv6の普及率が最も高いのは46.6%のベルギーで、日本は12.8%で第13位につけている。

以下、IPv6普及率のトップ30だ。

1. ベルギー 46.6%
2. ギリシャ 27.6%
3. ドイツ 26.1%
4. スイス 25.6%
5. インド 25.4%
6. 米国 23.6%
7. ルクセンブルク 23.4%
8. ポルトガル rate: 18.3%
9. エストニア 16.4%
10. 英国 13.6%
11. エクアドル 13.2%
12. フランス 12.9%
13. 日本 12.8%
14. カナダ 12.1%
15. ペルー 11.7%
16. オーストリア 11.6%
17. マレーシア 11.4%
18. トリニダード・トバゴ 10.9%
19. フィンランド 9.6%
20. チェコ共和国 8.3%
21. ハンガリー 8.1%
22. オランダ 6.7%
23. アイルランド 6.3%
24. ブラジル 6.1%
25. ノルウェー 6.0%
26. オーストラリア 5.1%
27. ルーマニア 4.4%
28. ジンバブエ 4.2%
29. スウェーデン 3.9%
30. ボスニア 3.6%

IPv6の普及は当初予定されていたペースよりも緩やかだと見られている。しかし、IPv6は確実に普及率を高めており、今後も拡大が見込まれている。時期の前後はあれ、いずれIPv6へ全面的に移行する必要があると指摘されており、今後の動向が注目される。

(後藤大地)