<WGC-HSBCチャンピオンズ 2日目◇28日◇シェーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」の2日目。松山英樹が前半でスコアを2つ伸ばし、トータル8アンダー・2位タイで折り返した。
日本勢が優勝争い!松山英樹、岩田寛の躍進を写真で見る
 
 松山は出だしの1番でボギーを叩くものの、続く2番から連続バーディ。その後も7番から2連続バーディを奪うなどスコアを伸ばした。首位に立つリカルド・カールバーグ(スウェーデン)との2打差を追いバックナインへと入る。
 リチャード・ブランド(イングランド)、ビル・ハース(米国)が松山と2位タイで並走、トータル6アンダー・5位タイにラッセル・ノックス(スコットランド)、ダニエル・バーガー(米国)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)がつけている。
 また、日本から参戦している谷原秀人は10ホール消化時点でトータル1オーバー42位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>